老いも若きも12号|人間の免疫力

老いも若きも12号|人間の免疫力

昔から「梅はその日の難のがれ」と言って朝梅干を食べておくとその日は病気にもかからないし、災難をまぬがれるということで梅干を珍重してきました。

 

確かに梅干には、水の毒、食物の毒、血の毒を解毒する作用があり、副作用がありませんからその働きは貴重なもので人間の免疫力をあげてくれます。

 

最近ではO157をはじめとしていろいろな病原菌が私達の健康を脅かしております。

 

病原菌が病気の原因ではありましょうが、同じ菌に冒されても発病する人しない人、また発病しても人によって程度の差があるのは個人の体力の相違によるのでしょう。

 

ですから、病原菌を目の敵にするのではなく、どんな環境におかれても逞しく生きていく力、免疫力を具えておく事が最も大切な事だと思います。

 

その逞しい体力はどうして培うことが出来るのでしょうか。

 

人間には万物の霊長だとかいって、自然を克服したかのような錯覚を起こしてきた嫌いがありますが、人間も大自然の中では人という一動物にすぎないことを再認識する必要があると思います。

 

食物にしても四季折々の野菜、果物だけではなしに季節を越え国境を越えた食物が多すぎます。

 

どうも経済を優先させてきたそのつけが、今廻ってきているのではないかとそんな気がします。

 

我々は自然児であることを再認識する必要があるでしょう。

 

時代の流れに流されるのではなく、自分の命は自分が守るという哲学、理念を持って生きていくことが、時代に左右されずに力強く生きていくことにつながるのだという気がします。

 

そして自然の力に逆らわなければ、自然はあたたかく力を貸してくれるものです。

 

唯、昔の人なら本能的に自分を守ることを知っていましたが、最近のあまりに自然から遠ざかった生活では本能が働かなくなって、自己を守ることが出来ない人が多いようです。

 

わからない時は謙虚になって自然界を眺めてみるとヒントがあるでしょう。

 

医食同源というではありませんか。

 

 

健康を維持するには日々の食事に気をつけることです

 

食事の内容だけではなく、腹ペコになって食べるとか夜は食べないとか、間食はしないとか、いろいろあるでしょう。

 

食べすぎ飲みすぎで病気になることはあっても、空腹で病気になることはありません。

 

 

ここで重要視されるのが梅干です

 

昔、梅干は侍の戦場食、薬食であって病気や怪我を治すのに役立ててきました。

 

今だってその知恵を生かすべきです。

 

ちょっとした事に医者だ薬だといっていたら、その副作用で望まぬ結果になりかねません。

 

 

梅で病気を治す方法(梅干健康法 三橋一夫 著より)

 

梅酢  

 

・風邪 ・肺炎 ・気管支炎 ・喘息の発作 ・下痢 ・腹痛 ・食あたり ・コレラ ・伝染病   
・ヒキツケ・暑気あたり ・打ち身 ・コブ ・ヤケド ・毒虫 ・腸チフス ・ハレ

 

梅酢には白梅酢と赤梅酢がありますが、薬効には変わりありません。

 

肺炎、気管支炎、喘息の発作がおきたときはレンコン(毛の生えた節のところが有効)を下し、しぼった汁をコップ半杯、これに梅酢を入れハチミツ、黒糖を味付けにして熱湯をそそいで飲むと著効があります。

 

消化器では下痢や腹痛に効きます。病人の年齢や症状にもよりますが、軽症なら大人で盃二杯の梅酢を湯呑に入れ、七分目まで湯を加えて飲むといいのです。

 

食あたりの時、梅酢を飲むと(少し水で薄めてもよい)悪いものをすぐ吐いてしまう。

 

伝染病の予防に毎日少しずつ飲むと安心。

 

ヒキツケには盃一杯。

 

暑気あたりには、水で十倍くらいに薄めてコップ一杯。

 

外用には打ち身、ハレ、コブに梅酢で小麦粉をねって貼る。

 

ヤケド、毒虫には梅酢をそのまま塗る。

 

 

平成9年7月発行

 

寒川 殖夫・賀代

 

 

 

関連ページ

老いも若きも1号|健康的な食生活
健康的な食生活は身体が健康になり気持ちも朗らかになります。毎日元気で働けるのも健康的な食生活のおかげです。健康的な食生活で病弱を克服した体験談を紹介しています。
老いも若きも2号|昔ながらの梅干し
龍神村の山奥で自然食品店をやっていた私が昔ながらの梅干し作りを始めたきっかけは郡司篤孝先生との出会いからでした。
老いも若きも3号|梅肉エキスの作り方
一切まぜ物なしの無農薬の梅肉エキスの作り方を紹介しています。炊き始めると3日間位炊き続けで作る手間暇かけた梅肉エキスです。
老いも若きも4号|田んぼの合鴨農法
合鴨は私の後をよちよちあるくので近所の評判になり、新聞、雑誌、はてはテレビ局まで取材にみえました。田んぼの合鴨農法の体験談を紹介しています。
老いも若きも5号|安全な農業を目指して
安全な食生活こそ人の運命を司っていると断言することが出来ます。安全な農業を通じて、安心できる食生活を目指しています。
老いも若きも6号|龍神村と辰巳芳子先生
龍神梅の製品は無農薬・有機栽培が辰巳芳子先生の目にとまり先般出版され好評の「辰巳芳子が薦めるぜひ取り寄せたい確かな味」に載せて頂きました。
老いも若きも7号|南北相法とは
私の南北相法の極意をしょうかいしています。
老いも若いも8号|林業の枝打ち
山を守り林業を続けていくのに大切な枝打ちについて紹介しています。大切に育ててきた山を譲り受けているのですから先祖の思いをこちらも守り続けていく義務があるのです。
老いも若きも9号|猿の被害と対策
山の食べ物がなくなってきた影響で動物達が畑まで食べ物を探しにきます。猿の被害対策を紹介しています。
老いも若きも10号|梅の美容効果
梅干しの美容効果はもちろんその他さまざまな梅干しパワーを紹介しています。クエン酸は若返りを助けてくれます!
老いも若きも11号|日本の伝統食
日本の伝統食を食べて健康な生活を送っています。その土地で出来たその季節のものを食べ続けることにより根気思いやり愛情といったものが育っていくように思います。
老いも若きも13号|農業の土作り
山の土を畑の土のように肥やすのに、十五年かかりました。長年かけて作りあげた土が梅の成長につながり梅農業は豊作でした。
老いも若きも14号|農業と雑草
農業と雑草は切っても切れない関係にあります。無農薬であればなおさらです。しかし雑草は悪いものではありません。雑草への感謝のエピソードを紹介しています。
老いも若きも15号|食生活と病気
食生活を中心に生活を正せば病気を治すのは簡単なことかもしれないと思いました。食生活と病気のエピソードを紹介しています。
老いも若きも16号|無農薬の農家さん
無農薬の農家さんは無農薬の梅をお客様に食べ続けていただくためにかかせない大切なパートナーです。無農薬栽培をしている農家さんの苦労話を紹介しています。
老いも若きも17号
日本一安全で健康な梅干し作りの名人がい龍神村の寒川殖夫、賀代さんのことを紹介しています。
老いも若きも18号|無農薬梅の販売活動
鞄の中に梅干しの見本をいれて東京駅を降り立った時「なぜこんなに苦労しなくてはならなくなったのか」と思い涙が頬をつたいました。無農薬梅の販売の苦労話を紹介しています。
老いも若きも19号
梅干しは血液をアルカリ性にしエネルギーを増進させます。その上ビタミンを生産し血の濁りを消すので高血圧症などの老人病も予防します。アルカリ性食品を代表する梅干しの健康効果を紹介しています。
老いも若きも20号|梅の不作
今年の梅の作柄は不作でした。今年のように例年の半分以下というのは当センター始まって以来のことです。不作の時の苦労話を紹介しています。
老いも若きも21号|野菜の台風被害
今年は二度目の台風で私の大切な野菜たちも被害を被りました。大根、白菜、ほうれん草、等々、まき直しを二度もしました。台風被害の苦労話を紹介しています。
老いも若きも22号|梅干しのカビの原因
低塩へのこだわりから梅干しにカビをはやして捨てたことがあります。梅干しのカビの対策を経験談を交えて紹介しています。