老いも若きも5号|安全な農業を目指して

老いも若きも5号|安全な農業を目指して

食は命なりとつくづく思い、安全な農業を通じて安心できる食生活を目指しています。

 

むらさき色で淀んでいた顔色が冴えてきて、綺麗になっていくのもうれしいことでした。

 

歯茎もピンク色に輝いてグラグラしていた歯もピシッとしてきて固いものも咬めるようになってきて夢のようでした。

 

私は生まれつき歯が弱くて、人並みに固いものは嚙めないとあきらめていたのでした。

 

父は五十才前に歯槽膿漏で総入歯にしましたが、私は中学の頃から歯がゆるんでやわらかいものしか食べられませんでしたから、三十才位まで歯が持つのかしらと心配していましたが、食事を変えることによってこんなに体質が変わるなんてなんと素晴らしいことでしょう。

 

 

食生活が運命を左右する

 

今私は、安全な食生活こそ人の運命を司っていると断言することが出来ます。

 

そして、私の夢の夢であり、実現はおそらく不可能と思われますが、夢を語らせて頂ければ龍神梅の事業を後継者に譲ったあかつきには、この龍神村の大自然の中にサナラントのような施設を作りたいと思います。

 

そして大自然の中で働くことの楽しさや、日本の伝統食の大切さ、安全な農業を若い人たちに伝えて行きたいと思います。

 

 

安全な農業を目指して

 

私は安全な農業を目指して、ヨモギやすぎな・どくだみ・くまざさ等と黒砂糖などで作ったパウダーを野菜にかけています。そうすると野菜はとても喜びます。

 

万が一作物に病気や虫が出ることがあっても、そんな手づくりのパウダーをかけることによって美味しくて安全な野菜作りが出来るわけですが、そんなパウダーをみんなと一緒に出来たらなあと思います。

 

このパウダーはそのほかニンニクやトウガラシと焼酎等、工夫次第でいろいろと出来ます。

 

去年は一斗五升ほどの植物性パウダーを作りました。それらは三〇〇倍から千倍の割合に水で薄めますから、そのほとんどが使用せずに残ってありますが、今年もまたよもぎ、すぎな、せり等をつみました。

 

それらのエキスを調合して作物にかける時どんな味がするのかな、と味見が出来るのも純植物性エキスの楽しさでしょう。

 

昔の人は「百姓百品と言って百姓は何でも作らなあかんねで」と言いましたが、「百姓は作物を百品栽培するだけではなく、石垣つみでも、土方でも、簡単な大工でも作業の面でも自給自足の生活が出来なあかんねで」とは夫の言葉です。

 

 

しその栽培

 

しそは在来種で昔から実生えで龍神で栽培されていたものを作っています。

 

ちょうど梅干づくりを始めた時から栽培しているのですから、もうかれこれ一八年位になるでしょうか。

 

始めは何の苦労もありませんでした。

 

しそって自然に生えてきて夏の日天に大きな葉をゆさゆさとひろげて風になびいているという印象しかありませんでしたから、しその栽培に苦労するなんて思ってもみませんでした。

 

けれども実生えだけではもちろん足りませんから畑にまいて栽培します。

 

栽培を始めて何年位してからでしょうか。よとう虫にやられるようになりました。

 

それも始の内は例の夜出てきて圣を食いちぎる黒くて丸くて不気味なあいつだったのです。

 

そいつは単独行動ですから、朝きのう迄元気ですくすく育っていたしそが突然プッツリと折れてしその葉がしおれてしまっているのですから、一目でヨトウ虫の悪行がわかります。

 

そこでしその周りをそろりそろりと掘ってみたらコロンと丸々と太った例のあいつが転がり出るのでした。

 

そこで「ごめん!!」といって心の中で詫びながら、それでもしそをやられた憎さを込めて足で力いっぱい踏んづけるのでした。

 

それがいつ頃からでしょうか、きれいに筋に生えているしその苗が片っ端から消えていくという不思議な現象が起こったのでした。

 

 

平成8年5月発行

 

寒川 殖夫・賀代

 

関連ページ

老いも若きも1号|健康的な食生活
健康的な食生活は身体が健康になり気持ちも朗らかになります。毎日元気で働けるのも健康的な食生活のおかげです。健康的な食生活で病弱を克服した体験談を紹介しています。
老いも若きも2号|昔ながらの梅干し
龍神村の山奥で自然食品店をやっていた私が昔ながらの梅干し作りを始めたきっかけは郡司篤孝先生との出会いからでした。
老いも若きも3号|梅肉エキスの作り方
一切まぜ物なしの無農薬の梅肉エキスの作り方を紹介しています。炊き始めると3日間位炊き続けで作る手間暇かけた梅肉エキスです。
老いも若きも4号|田んぼの合鴨農法
合鴨は私の後をよちよちあるくので近所の評判になり、新聞、雑誌、はてはテレビ局まで取材にみえました。田んぼの合鴨農法の体験談を紹介しています。
老いも若きも6号|龍神村と辰巳芳子先生
龍神梅の製品は無農薬・有機栽培が辰巳芳子先生の目にとまり先般出版され好評の「辰巳芳子が薦めるぜひ取り寄せたい確かな味」に載せて頂きました。
老いも若きも7号|南北相法とは
私の南北相法の極意をしょうかいしています。
老いも若いも8号|林業の枝打ち
山を守り林業を続けていくのに大切な枝打ちについて紹介しています。大切に育ててきた山を譲り受けているのですから先祖の思いをこちらも守り続けていく義務があるのです。
老いも若きも9号|猿の被害と対策
山の食べ物がなくなってきた影響で動物達が畑まで食べ物を探しにきます。猿の被害対策を紹介しています。
老いも若きも10号|梅の美容効果
梅干しの美容効果はもちろんその他さまざまな梅干しパワーを紹介しています。クエン酸は若返りを助けてくれます!
老いも若きも11号|日本の伝統食
日本の伝統食を食べて健康な生活を送っています。その土地で出来たその季節のものを食べ続けることにより根気思いやり愛情といったものが育っていくように思います。
老いも若きも12号|人間の免疫力
毎日の食事の大切さと昔から薬替わりとされてきた梅干しの病気の予防効果について紹介しています。人間の免疫力をあげることで病気にならない体つくりにつながります。
老いも若きも13号|農業の土作り
山の土を畑の土のように肥やすのに、十五年かかりました。長年かけて作りあげた土が梅の成長につながり梅農業は豊作でした。
老いも若きも14号|農業と雑草
農業と雑草は切っても切れない関係にあります。無農薬であればなおさらです。しかし雑草は悪いものではありません。雑草への感謝のエピソードを紹介しています。
老いも若きも15号|食生活と病気
食生活を中心に生活を正せば病気を治すのは簡単なことかもしれないと思いました。食生活と病気のエピソードを紹介しています。
老いも若きも16号|無農薬の農家さん
無農薬の農家さんは無農薬の梅をお客様に食べ続けていただくためにかかせない大切なパートナーです。無農薬栽培をしている農家さんの苦労話を紹介しています。
老いも若きも17号
日本一安全で健康な梅干し作りの名人がい龍神村の寒川殖夫、賀代さんのことを紹介しています。
老いも若きも18号|無農薬梅の販売活動
鞄の中に梅干しの見本をいれて東京駅を降り立った時「なぜこんなに苦労しなくてはならなくなったのか」と思い涙が頬をつたいました。無農薬梅の販売の苦労話を紹介しています。
老いも若きも19号
梅干しは血液をアルカリ性にしエネルギーを増進させます。その上ビタミンを生産し血の濁りを消すので高血圧症などの老人病も予防します。アルカリ性食品を代表する梅干しの健康効果を紹介しています。
老いも若きも20号|梅の不作
今年の梅の作柄は不作でした。今年のように例年の半分以下というのは当センター始まって以来のことです。不作の時の苦労話を紹介しています。
老いも若きも21号|野菜の台風被害
今年は二度目の台風で私の大切な野菜たちも被害を被りました。大根、白菜、ほうれん草、等々、まき直しを二度もしました。台風被害の苦労話を紹介しています。
老いも若きも22号|梅干しのカビの原因
低塩へのこだわりから梅干しにカビをはやして捨てたことがあります。梅干しのカビの対策を経験談を交えて紹介しています。