老いも若きも22号|梅干しのカビの原因

老いも若きも22号|梅干しのカビの原因

梅干しをつくりはじめて

 

梅干をつくりはじめて何年になったのだろうと指折り数えてみましたら、今年で二十二年目になっていました。

 

いつの間にか二十二年という歳月が流れていてびっくりしました。

 

 

無我夢中の二十二年でありました

 

今も大変ですが、あの頃は先が見えなくて、右へ行ったらいいのか、左へ行けばよいのかわかりませんでした。

 

それに低塩ということにこだわっていましたから、梅干にカビを生やして随分捨てました。

 

無農薬で栽培している農家から梅を買い上げましたが、その頃は選別を厳しくしていなかったので、製品にならないものが沢山出来ました。

 

素人の大胆さと言いましょうか、随分思い切ったことをしてきたものです。

 

過去に病弱だった私に現在の健康があり、子育てが一段落したので何か社会にお役に立ちたいという熱い思いだけが先行していましたが、思いは結果としては出なくて随分涙をのんだものです。

 

始めに龍神梅干を世に出して下さったのは故、郡司篤孝先生でした。

 

横浜土を守る会の浅井まり子さん達をご紹介くださって輪が広がっていきました。

 

当時、製品にカビが出たことがありました。

 

買って頂いたお客様にカビがでる恐れがあるということを連絡しましたら、北海道の片垣基さんがお電話を下さっていつも元気な殖夫さんの声があんまり沈んでいるので、どこか身体の調子が悪いのではないかとわざわざお尋ね下さいました。

 

今思い返してみますと大勢の皆様が龍神梅をあたたかく支援下さったなぁと感謝の気持ちで一杯です。

 

 

問題は次から次へ

 

一つの問題が解決すると、また別の問題が起こりました。

 

解決しても解決しても、これで良いということはありませんでした。

 

カビ一つとりましても、タルを土の中に生け込んだり、建物を風通し良くしたり、タルの底に空気を送って梅酢を循環させてみたり、毎年工夫を重ねてきました。

 

最近では品質も安定してカビの心配は全くありませんが、出来上がった製品を置く倉庫の温度は夏二十五度以上にならないよう、管理しています。

 

これはカビが心配だからではないのです。

 

梅干は常温で何年でも大丈夫なのですが、室温が三十度以上になりましたら、梅干の中に含まれているクエン酸が結晶して表面に出てくることもあるのです。

 

梅干が白くなりますので、まるで塩がふいたようになるのです。

 

それを防ぐために温度管理が必要なのです。

 

最近では梅の干し方や干し加減もクエン酸の結晶と関係があることがわかってきました。

 

 

大切な梅を我が子のように

 

無農薬・無化肥だけではなくて無添加で製品を仕上げるということになりましたら、まるで赤ちゃんを育てるように、梅干を育み守る、といった愛情が必要なのでしょう。

 

よく龍神梅はおいしいといわれますが、それは梅そのものの味を生かしているからだと思います。

 

物にはすべて持ち味がありますが、変にいじくり廻さずに梅の持味を生かすことが大切なのでしょう。

 

そしてそれは百姓仕事にも料理にも共通して言えることではないでしょうか。

 

本当にうまいものは素材がしっかりしていると思います。

 

今後ますますおいしくて健康増進に役立つ梅干づくりに励むつもりですが、その第一は梅の栽培に力をいれることだ、と夫が申していまして梅畑の手入れに余念がありません。

 

 

奥深い百姓仕事

 

百姓仕事を一口に言いますが、これまた奥の深い仕事でありまして、これで良いということはありません。

 

梅と共に泣き、梅と共に笑った二十二年間でありました。

 

普段は仲の良い夫婦でありましても、梅づくりに関しては夫としばしば意見が対立しました。

 

夫は竹を割ったように真っ直ぐな人、そして若い頃カンテキとあだ名がつく位激しく陽気な人。

 

私は陰性ですぐ涙を流すコッテ牛。

 

この性格の違う二人がこと梅に関しては、お互いが譲らず随分とやりあったものです。

 

カンテキとコッテ牛がぶつかると時には、火花を散らす程にもなりましたが、それも昔の話。

 

今はお互いに気心が知れたのか、それとも梅の仕事が曲がりなりにも、軌道にのっているのか、はたまた年を重ねて円熟?になったのか、白熱した議論を交わすことも少なくなりました。

 

考えてみると心の底から意見をぶっつけられる相手が居るということは倖せなことだなぁと思うこの頃です。

 

そして龍神梅に関しては、時には意見の衝突もまだあるであろうことを予想しながら、今後も仲良く頑張っていきたいと思います。

 

注:カンテキ(方言で七輪のこと。カッカすること。)

 

 

寒川 殖夫・賀代

 

関連ページ

老いも若きも1号|健康的な食生活
健康的な食生活は身体が健康になり気持ちも朗らかになります。毎日元気で働けるのも健康的な食生活のおかげです。健康的な食生活で病弱を克服した体験談を紹介しています。
老いも若きも2号|昔ながらの梅干し
龍神村の山奥で自然食品店をやっていた私が昔ながらの梅干し作りを始めたきっかけは郡司篤孝先生との出会いからでした。
老いも若きも3号|梅肉エキスの作り方
一切まぜ物なしの無農薬の梅肉エキスの作り方を紹介しています。炊き始めると3日間位炊き続けで作る手間暇かけた梅肉エキスです。
老いも若きも4号|田んぼの合鴨農法
合鴨は私の後をよちよちあるくので近所の評判になり、新聞、雑誌、はてはテレビ局まで取材にみえました。田んぼの合鴨農法の体験談を紹介しています。
老いも若きも5号|安全な農業を目指して
安全な食生活こそ人の運命を司っていると断言することが出来ます。安全な農業を通じて、安心できる食生活を目指しています。
老いも若きも6号|龍神村と辰巳芳子先生
龍神梅の製品は無農薬・有機栽培が辰巳芳子先生の目にとまり先般出版され好評の「辰巳芳子が薦めるぜひ取り寄せたい確かな味」に載せて頂きました。
老いも若きも7号|南北相法とは
私の南北相法の極意をしょうかいしています。
老いも若いも8号|林業の枝打ち
山を守り林業を続けていくのに大切な枝打ちについて紹介しています。大切に育ててきた山を譲り受けているのですから先祖の思いをこちらも守り続けていく義務があるのです。
老いも若きも9号|猿の被害と対策
山の食べ物がなくなってきた影響で動物達が畑まで食べ物を探しにきます。猿の被害対策を紹介しています。
老いも若きも10号|梅の美容効果
梅干しの美容効果はもちろんその他さまざまな梅干しパワーを紹介しています。クエン酸は若返りを助けてくれます!
老いも若きも11号|日本の伝統食
日本の伝統食を食べて健康な生活を送っています。その土地で出来たその季節のものを食べ続けることにより根気思いやり愛情といったものが育っていくように思います。
老いも若きも12号|人間の免疫力
毎日の食事の大切さと昔から薬替わりとされてきた梅干しの病気の予防効果について紹介しています。人間の免疫力をあげることで病気にならない体つくりにつながります。
老いも若きも13号|農業の土作り
山の土を畑の土のように肥やすのに、十五年かかりました。長年かけて作りあげた土が梅の成長につながり梅農業は豊作でした。
老いも若きも14号|農業と雑草
農業と雑草は切っても切れない関係にあります。無農薬であればなおさらです。しかし雑草は悪いものではありません。雑草への感謝のエピソードを紹介しています。
老いも若きも15号|食生活と病気
食生活を中心に生活を正せば病気を治すのは簡単なことかもしれないと思いました。食生活と病気のエピソードを紹介しています。
老いも若きも16号|無農薬の農家さん
無農薬の農家さんは無農薬の梅をお客様に食べ続けていただくためにかかせない大切なパートナーです。無農薬栽培をしている農家さんの苦労話を紹介しています。
老いも若きも17号
日本一安全で健康な梅干し作りの名人がい龍神村の寒川殖夫、賀代さんのことを紹介しています。
老いも若きも18号|無農薬梅の販売活動
鞄の中に梅干しの見本をいれて東京駅を降り立った時「なぜこんなに苦労しなくてはならなくなったのか」と思い涙が頬をつたいました。無農薬梅の販売の苦労話を紹介しています。
老いも若きも19号
梅干しは血液をアルカリ性にしエネルギーを増進させます。その上ビタミンを生産し血の濁りを消すので高血圧症などの老人病も予防します。アルカリ性食品を代表する梅干しの健康効果を紹介しています。
老いも若きも20号|梅の不作
今年の梅の作柄は不作でした。今年のように例年の半分以下というのは当センター始まって以来のことです。不作の時の苦労話を紹介しています。
老いも若きも21号|野菜の台風被害
今年は二度目の台風で私の大切な野菜たちも被害を被りました。大根、白菜、ほうれん草、等々、まき直しを二度もしました。台風被害の苦労話を紹介しています。