山林問題と間伐

mtoR設立経緯|山林問題


私の家は元々、梅ではなく山林の経営で生活をしていました。

 

私が中学生くらいの時までは山林家は景気が良く、30~50年くらいの杉材や桧材を伐採しても十分な利益が出て生活をやっていけました。

 

しかし30数年ほど前からは山林の価値は下がり、そのころから山の手入れに投資する山主さんはどんどん少なくなっていきました。

 

山林は伐採した後、まず苗を植えます。苗は木を切った後の広大な山に一本一本鍬で穴を掘り手で植えていきます。

 

山にもよるのですが、だいたい1.5m~2mくらいの間隔で植えつけていきます。

 

一面に苗を植えたら、そこから数年は毎年下草刈りをしなくてはいけません。

 

丁寧に下草を刈らないと木の成長より草が早く大きくなるので、木が草に押さえられ枯れてしまいます。

 

その為に毎年必ず草刈をしなくてはならないのです。

 

数年経って木が2m~3mくらいの高さになってくると太陽の光が草より木に注ぐので、下草刈りはほとんどしなくてよくなってきます。

 

次に大きくなってきた木は、木と木の間が狭くなるので間引き(間伐)をしていきます。

 

 

山林問題と間伐の重要性

 

間伐は成長する過程で育成の遅い木を切って、面積当たりの本数をどんどん減らしていく作業です。

 

この間伐はとても重要な作業で、間引きをせずに放っておくと木と木の間が狭くなり、木の成長が止まってきて、根が張らずに弱い木になってしまいます。

 

そういう山林は台風などによる倒木や、豪雨による地滑りを非常に起こしやすくなります。

 

昨今テレビで土砂災害などの映像を見ていると間伐していない山林が非常に多いのも事実です。

 

間伐がしっかりとされ、山肌に光が当たり、シダなどの植物が生えているような山は健康的で災害などに強くなります。

 

ですから山林を守るために、間伐は本当に大切な作業なのです。

山林の放置と災害問題

 

それに最近は木を切り出した後、植林をせずにそのまま放置している山も多くなってきました。

 

木を切った後、そのままにすると根が腐り、山肌は雨などで土が流れ、みるみるうちに谷に流れ込んでしまいます。

 

これもまた、最近の豪雨などで大きな災害がでるという問題になっています。

 

こういったことは全国の至る所で起こっており、こういうことをもっと考えていかないと色々な問題が起こってきます。

 

このような現状を見ていて、私も家業である林業をどうやっていくかをずっと考えて参りました。

 

無農薬の梅作りは10年くらい働いているスタッフが2名と、それより長いパートさんがいて日々の作業はほぼスムーズに行くようになってきました。

 

ですから私自身、いよいよ山林の問題にも取り組んでいこうと考えています。

 

現在、間伐した木は価値が非常に低く、50年くらいの山林の間伐材はほとんどお金になりません。

 

私の山林では、80数年くらいの太い木を間伐するようにして、細い木を更に100年、150年と育てる様に考えています。

 

その間伐した木で家具まで作っていこうと考えました。

 

mtoRについてこちら→エムトゥーアール株式会社

関連ページ

山林の管理は間伐が重要
災害に強い山林の管理ノウハウを紹介しています。適切に管理された山林は長期的に資源を生み出し、生活に潤いを与えてくれます。山林保有者は是非ご覧ください。
山林の伐採
山林の伐採方法で数十年後の山林は大きく変わります。苗が小さい時からの仕事の手間暇こそが時間が経った時に明確にあらわれます。
山林の間伐
山林を未来へつなぐために間伐を手間暇かけてしています。数十年かけて丁寧に間伐する事で山林の価値が大きく変わります。
山林の価格
近年は材木の価格も昔程ではなく山林を放置したり全て切り倒して売却してしまう方も少なくありません。山林を未来に残すためにはどうするべきかを紹介しています。
mtoR設立経緯|建具職人の仕事
mtoRの会社設立までの経緯について紹介しています。製品を作るのに最も大事な職人の仕事を説明しています。一つ一つの丁寧な職人技があったからこそ会社設立できました。
mtoR設立|龍神村の木を伝えたい
mtoRの会社設立までの経緯について紹介しています。懐石料理店さんからの依頼を受けて龍神村の木を探し始めました。地元の銘木は県外にでてしまっている現状におどろきました。