山林の伐採

山林の伐採

山林を伐採して、切り出した後の山にまず苗を植えていきます。

 

私の父が最後に山を切り出したのが今から30数年前でした。

 

その時に私も伐採からすべての作業を一から経験しました。

 

伐採して切り出した際には切り出したまま森林組合に運び買ってもらうという風にしたのです。

 

確かにこの時の資金で梅の工場を建てる費用にあてたのをなんとなく覚えています。

 

切り出した山は丸裸になるわけですから、その後スギやヒノキの苗を購入し植える前の日には、根を水にひたしあくる朝、乾燥しにくいようにわらのむしろ藁筵に包んで背中に背負い山に持っていきます。
そして山に着くと山の麓からくわで穴を掘り1本1本丁寧に掘った穴に根を入れて土をかけていきます。

 

これを大体1mから2mぐらいの距離で植えていきます。

 

大きくなればこの感覚は少し狭いように思うのですが、木の苗はある程度密集して植えないと成長するスピードも変わってくるそうです。

 

やはり他の木より成長が遅くて光が当たらないと枯れてしまうことを植物は知っているので、そこにいる木よりは早く大きくなろうと競争し早く大きくなるのだそうです。

 

この作業を切り出した山が全部苗で埋まるまで植えていきます。

 

親父には山が丘になって養分の少ない所にはヒノキの苗谷になって養分が集まるところには杉の苗を植えると教わり、そういう風に植えていきました。

 

山林は3ヘクタールとかの山林でも斜面になっているので、すごく広く感じます。

 

 

苗植えの後は下草刈り

 

これをすべて植え終えたら、次の年からは毎年2回下草刈りをします。

 

切った後の山林はすごく日当たりが良く、草の成長も早いので放っておけば、かやなどに植えた苗がおおわれ、1年下草を刈らないと苗はすぐに枯れてしまいます。

 

ですから下草刈りは梅雨に入る前とお盆前ぐらいにはきれいに刈り取る方が苗も順調に育ちます。

 

少し苗が大きくなって下草を光が遮るようになってきたら、下草の生えも遅くなって下草刈りが楽になっていきます。

 

苗を植えてから4年か5年は下草を刈った記憶があります。

 

下草を刈り取る必要がなくなった頃には苗も大きくなって、今度は間伐が始まります。

 

 

下草刈りが終われば間伐作業

 

間伐も最初の頃は毎年行きました。

 

最初苗はなかなかの密度で植えていますので、すぐに密集して木の成長にとっては窮屈になってきます。

 

その時にする間伐は、大きくてまっすぐなものを残し成長の遅いものを斬り倒していきます。

 

これも最初の頃は毎年間伐しなくてはすぐに窮屈になり木の成長に影響します。

 

苗を植えてからの間伐は最初は毎年ですが、10年ぐらいになれば場合によっては2 、3年、間を空けても大丈夫です。

 

これは木の成長や全体的な山の密集具合を見ながら考えていきます。

 

こういう若い時にいかに手間暇かけるかが50年以上経った成木となった時に、あまり手間暇かけてない山林とではすごい差が出るのです。

 

ですから苗が小さい時からの仕事の手間暇は時間が経たないとはっきりとした差が見えてこないので、自分のした仕事の価値が見えてきにくいのです。

 

農業でも種をまき草を引き大きくなって収穫するまで1年。

 

しかし山林の場合は今自分がしている仕事が自分の直接的な利益やお金を生むわけでなく、このことを理解し、また次の世代につないでいく後継者を育てていくことも山林を維持し経営していくことにとって非常に大切なことになっているのです。

 

こういったひとつひとつの手間を理解せず山を斬り倒し、お金に換え、次に苗を植えることもせず、山林を放置すると言うことをすれば山林が荒れ人も育たず災害が起こりやすくなり良い事は何一つありません。

 

自分が山林の経営や維持していくことを考えれば考えるほど、こういった長いスパンで物事を考えられる後継者を育てることが必須となります。

 

関連ページ

山林の管理は間伐が重要
災害に強い山林の管理ノウハウを紹介しています。適切に管理された山林は長期的に資源を生み出し、生活に潤いを与えてくれます。山林保有者は是非ご覧ください。
山林の間伐
山林を未来へつなぐために間伐を手間暇かけてしています。数十年かけて丁寧に間伐する事で山林の価値が大きく変わります。
山林の価格
近年は材木の価格も昔程ではなく山林を放置したり全て切り倒して売却してしまう方も少なくありません。山林を未来に残すためにはどうするべきかを紹介しています。