農薬の残留基準を大幅緩和!!

発がん農薬の除草剤

 

龍神梅の農業をしていて感じる事

 

龍神梅では、もうずっと昔から自然農法で農業をやってきています。

 

梅や紫蘇はもちろん、お米、野菜と自分達でいろいろ作っています。

 

どの作物にしろ、大切に育てた作物を食べてもらった時や、自分達で食べた時の達成感や感動は何とも言えないくらい本当に良いものです。

 

苦労の分だけ感じるものが沢山あります。

 

農業をしながらいつも思うのは、虫にやられない方法は何か無いのか、除草をもっと効率良く、楽にできる方法は無いのか、昔の人は一体どんなやり方をしていたのか、そんなことを考えながらコツコツやっています。

 

もちろん私達に農薬の選択肢はありません。

 

除草剤もちろん使いません!

 

今どき畑や田んぼの除草を人の手で行っているのは私達以外にどれくらい居るのかな?なんてことも思ったりします。

 

 

農薬、除草剤散布の農作物の危険性

 

今では農薬や除草剤を散布することはあたりまえになっています。

 

そんな中、除草剤を散布している一般の農家さんの畑を見て毎回思うことがあります。

 

「作物はそのまま生きているのに、何で雑草だけが枯れる?一体どんな仕組みなのかわからないけど、除草剤すげーな…。でもその作物食っても大丈夫なのか?」と。

 

これは個人的な意見ですが、農薬登録されている農薬は「使用してもいい」となっていても、私にはそれがどんな基準でどんな理由で「使用してもいい」と決まっているのかはわかりません。

 

除草剤などの農薬を使えばすごく楽で効率的かもしれない、とはいつも思います。

 

ですが、農薬を駆使して作った作物を自分の家族や子供に、「さぁ食え!」とは、言えないです。私はね。

 

ある雑誌を読んでいると、農薬について書かれてある記事を見つけました。

 

この記事には驚きました。

 

 

販売され続けるラウンドアップ除草剤

 

まず目に入ってきたのは、ホームセンターなどでも普通に売られているラウンドアップの除草剤の写真でした。

 

「日本は発がん農薬の残留基準を大幅に緩和していた」という見出し。

 

モンサント除草剤のせいでがんに!? 患者に賠償320億円!!

 

2ページの記事だったので、全部読み終わるのもそう時間がかかりませんでした。

 

内容は、2015年に世界保健機関の下部組織国際がん研究機関が主成分のグリホサートに「おそらく発がん性がある」と発表。

 

さらには、妊娠期間への影響、精子の減少までも指摘されていて、すでにいくつかの国では、数年以内に使用禁止にしようとしている国もある。

 

以後海外ではグリホサートを規制する動きが活発化している中、日本だけが逆行しグリホサートの残留基準値を大幅緩和。

 

例えば小麦で6倍、ライ麦やソバで150倍、ヒマワリの種子では400倍に引き上げていますが、日本のメディアではまったく報じられていない。

 

ほんの一部ですが、こういった内容の記事。

 

びっくりです。

 

まず何で?と思いました。

 

海外の使用禁止や規制をかける動きが活発化していくのが普通だと感じるのですが、どうして日本は逆に緩和していくのでしょう。このままではいつか日本人が大変な事になって行くんじゃない?とか思ってしまいます。

 

今では食べ物に対して「安心安全」と良く聞いたり見かけたり、私達も言ったりしますが、この言葉はいつ生まれた言葉なのかとたまに思います。

 

農薬など無い時代の農作物は安心安全など言う必要もなく安心安全だったんじゃないのかなぁ、とか思ったりします。

 

私達にとって農作物は生きて行く上で必要不可欠な物だと思います。

 

必要不可欠な物だからこそしっかり手間をかけて、体に良い食べ物を作らないと、と益々思います。

 

これからも私たちは農薬、化学肥料、除草剤を使わずに大切に農作物を育てていきます。

関連ページ

農業と人の考え方
農業においても人それぞれの考えがあると思います。自然農法で農業をしていく中で自然環境や天候と向き合いお客様の期待に応えたいと考えています。自然に感動し感謝しながら農業に励んでいます。
梅の不作と天候の関係性
今年は梅の不作でした。梅の不作豊作は梅の花が咲いている時の天候によるものが大きく関係しています。暖かい気候が続き梅の花が咲いている期間が長いと梅もたくさん実をつけてくれます。
ミツバチの大量死の本当の理由
平成二十六年 「ミツバチの大量死」の新聞の報道がありました。ミツバチなくして農作物は育ちません。ミツバチがいなくなった本当の理由を紹介しています。
農作物を守る獣害対策
大切に育てた農作物を獣害から守るには色々な対策が必要です。山に食べ物が少なくなってきた今、動物たちも必死で農作物を食べにきます。獣害対策を経験と体験談で紹介しています。
猿と鹿の食糧難と獣害対策
山に食糧が少ない事が原因で農作物を荒らしに猿や鹿が来ます。田辺市の駆除対策も追いついていなのが現状で猿や鹿は増え続けています。これからは猿や鹿と共存共栄できるような環境も必要です。
鹿の獣害対策
農業や林業で大変なのは獣害対策です。鹿の獣害対策は電柵や鉄柵では防げません。鹿の獣害対策の体験談を紹介しています。
猿の被害対策
獣害の中でも猿の被害対策は一番苦労します。猿は本当に頭がいのでいろんな対策をしてもすぐに破ってきます。山林をあらし食べ物を奪ってしまった人間につけがわまってきたのです。