龍神自然食品センターの成り立ち|龍神梅

龍神自然食品センターの成り立ち・龍神梅

梅干し1粒に込められた、信念30年分

 

昔から「梅は三毒を断ち、その日の難逃れ」と言って、朝梅干しを食べておくとその日は病気にもかからないし、災難を免れるということで、梅干しは日本人の食生活の中で、重要な役割を果たしてきました。

 

今でもほとんどのご家庭で、梅干しは常備されているのではないでしょうか?

 

しかし、日本人になくてはならないこの梅干しは、昔とはその中味が大きく変わってきています。

 

 

龍神梅の梅干しは本物

 

農薬をかけて美しい青梅を作り、化学肥料を与えて梅を太らし、調味料や添加物で味付けし、機械で一気に乾燥させた、見た目も美しく、塩分の少ないまろやかな味の梅干しが、今、高級な梅干しとしてもてはやされるようになっています。

 

でも、これは本来の梅干しの姿ではないと、30年前からずっと訴え続けてきました。

 

「龍神梅」、ご存じない方も多いと思いますが、毎年50トン以上生産され、「龍神梅でなくてはならぬ。」という熱烈なファンの方たちの元へ引き取られていく、知る人ぞ知る梅干しなのです。

 

「健康のためと、みんなが信じて食べる梅干に、農薬や添加物なんて、これは犯罪だよ。」

 

「酸っぱくてこそ、梅干。甘い梅干じゃ、ダメなんだ。」

 

龍神梅では、30年以上前から、化学肥料・化学農薬を使用しない自然農法で梅を栽培し続けてきました。

 

その梅を天日塩としそだけでつけ込み、天日干しで仕上げて作る「龍神梅」は、昔ながらの素朴な酸っぱい梅干し。

 

市販されている梅干の大半は、着色料、アミノ酸などの調味料、甘味料などの添加物を加えているものがほとんどです。

 

健康にいいはずの梅干に、有害なものを入れるなんて、同じ生産者として許せない・・・と私達は思っています。  

 

 

梅干しの命はクエン酸

 

梅干し独特の「酸っぱさ」が血液をアルカリ性に浄化し、疲労回復、老化防止に役立ちます。

 

しかし、最近人気があるのは、かつお梅やはちみつ梅などの、甘い食べやすい梅干です。

 

でも、本当は、梅干しは酸っぱくなければ、梅干の薬効は期待できないのです。

 

30年間広告も一切しないできましたが、「龍神梅」のことは口コミでどんどん広がり、全国新聞や数々の著名雑誌等の取材、掲載していただくまでになりました。

 

また、「寒川さんのもとで学びたい。」と松下政経塾の塾生さんが研修に訪れたり、鬱病、拒食症などで、少し元気のなくなったお子さんを連れて、ご家族の方が訪れたりもします。

 

取り立てて何を教えるというわけではなく、梅山や工場の作業の手伝いを一生懸命汗水たらしてすることで、皆、心も体も元気になって帰っていきます。

 

「龍神自然食品センター」には「龍神梅」の広告・宣伝を担当する人もいません。

 

私は朝から晩まで、たいてい梅山に出ているか、協力農家の元へ足を運んでいます。

 

しかし、それでも、「龍神梅」のことは多くの方に伝わっていきます。

 

「買いにいらっしゃった方に、『在庫がありません』では申し訳ない。」と無農薬で青梅を生産してくれる協力農家をつのるため、1日も休まるときがありません。

 

「本当に良い梅干を作る」。私の神経は、「梅干し作り」1点に集中しており、他のことを考える余裕がありませんでした。

 

今は、梅の木も1600本栽培しています。

 

この梅の木を鹿の食害から守るのも大変です。

 

米も野菜も作っていますし、梅干の着色をするしそも約3反作っています。

 

数キロ、数十キロの生産農家がありますから、おつきあいをしている梅農家が百戸以上あります。

 

梅の生産農家は零細農家、兼業農家ですから、粒ぞろいの、きれいな梅はありません。

 

梅干にする梅だけを買いますと、捨てる梅がたくさん出て、生産意欲が少なくなります。

 

梅は全量引き取らないといけないわけで、そうするとジュースやエキスも作らなくてはいけないわけで、加工も何品目ということになります。

 

走り回っている生活ですから、考えてから動くのではなくて、走りながら時折考えるという生活です。

 

資金もありませんし、才覚もありません。

 

研究者を雇うことなど、考えたこともありません。

 

ただ、私は、伝統を守って、純粋なものを作り続けていくだけです。

 

平成18年7月吉日

 

創業者 寒川 植夫・賀代

 

関連ページ

自然農法と梅のことなら龍神自然食品センター
龍神自然食品センターは梅の栽培・受け入れから加工販売まで一貫体制で会社運営しております。無農薬で梅を育てて、無添加の商品作りにこだわり自信をもってお客様にお届けしております。
龍神食品センターのスタッフ紹介
龍神自然食品センターのスタッフ紹介をしています。
龍神自然食品センターの創業者から後継者へ
龍神自然食品センターの創業者の長年の苦労と龍神梅への思いを紹介しています。同じ信念を持った信頼のもてる後継者がいることは幸せです。
龍神梅を20年ぶりに値上げした理由
無農薬栽培を続けるため、無添加食品を作り続けるために龍神梅の値上げをさせていただきました。
初代梅農家の独り言
龍神自然食品センター創業当時から発行している会報誌「老いも若きも」から無農薬の梅作りや自然農法にかかわるノウハウを編集掲載しています。
二代目梅農家の独り言
龍神自然食品センター創業当時から発行している会報誌「老いも若きも」から無農薬の梅作りや自然農法にかかわるノウハウを編集掲載しています。