梅しそふりかけ

梅しそふりかけ

龍神梅の梅紫蘇ふりかけの紫蘇は、種蒔きから収穫まで全て自社で行っている紫蘇を使って作ったふりかけと、自社の乾燥させた白干しの梅の実を混ぜ合わせて作った梅紫蘇ふりかけ。

 

紫蘇は毎年、種を蒔く畑の土造りから始めて、自家採取している赤紫蘇の種を使い、大切に苗を育て、大きく育ってくれた貴重な赤紫蘇。乾燥させるのも天日干しで乾かしているので、しっかり紫蘇の風味も残ってくれています。

 

白干し梅も天日で丁寧に干し上げた梅。もちろん梅も紫蘇も農薬、除草剤、化学肥料は一切使っておりません。

 

添加物を使わずに、紫蘇、梅、塩、梅酢(自社のもの)のみで仕上げています。

 

是非一度、炊き立てホヤホヤ白ごはんのお供にしてみてはいかがでしょうか。

 

おにぎりに使うのもおススメです。

 

 

梅しそふりかけ製造方法

 

紫蘇収穫後、紫蘇の葉を水洗いし、しっかりと踏み込んで灰汁を抜きます。

 

灰汁抜きが終わった紫蘇はネットに入れて梅酢に漬込んで揉みほぐしておきます。

 

ここから2週間も経つと、紫蘇に梅酢が染み渡り揉み紫蘇の完成です。

 

今度はこの揉み紫蘇をネットから取り出し、丁寧にザラに敷き詰めておいて、乾くまで置いておくだけ。

 

あとはお日様がカラッカラに仕上げてくれます。軽く摘まむだけでパラパラになるので、これで紫蘇のふりかけは完成です。

 

これに、白干し梅の種を取り出して、実だけにして、その実を乾燥機で水分を飛ばします。

 

水分を飛ばしたあとはフードプロセッサーで細かくし、紫蘇のふりかけと混ぜ合わせて梅紫蘇ふりかけの完成です。

 

商品サイズ

 

こちらの商品サイズは1種類で、梅紫蘇ふりかけ 35g(ラミジップ)

 

ラミジップ使用なので、使用後もしっかりと閉めることができます。

 

 

お客様・従業員の声

 

・紫蘇だけのふりかけの方と、この梅紫蘇ふりかけと両方使っています。どちらもおにぎりに使う事が多いですが、私敵には梅紫蘇ふりかけの方がおにぎりにしたとき、乾燥していた梅がいい感じにおにぎりに馴染んできているのが好きです。たまに白ごはんにも使います。どちらもごはんが進みます。

 

・家では子供に紫蘇のふりかけが人気でごはんにかけたり、おにぎりにして食べていますが、梅紫蘇ふりかけの方でおにぎりをするとそっちの方も気にいって食べてくれました。こっちは梅干しの破片も一緒に食べられるのがうれしいですね。

 

・しそのふりかけを愛用していましたが、新商品の梅しそふりかけが発売されてからはこちらの商品を購入しています。梅の風味としその香りが気に入ってます。

関連ページ

龍神梅
龍神自然食品センターで作っている龍神梅について紹介しています。龍神梅は昔ながらの日本の梅干しの味やすっぱさをそのまま味わう事ができる本物。一口食べれば圧倒的な存在感を体で感じる。
絹梅
絹梅を紹介しています。完全無農薬栽培の龍神梅をペースト状にして梅酢を合わせて練り上げた商品です。梅干しよりも酸味を強く感じることができます。
しそのふりかけ
しそのふりかけを紹介しています。種蒔きから収穫まで全て自社で行っている紫蘇を使って作ったふりかけです。
龍神梅肉エキス
龍神梅肉エキスは、青梅を搾った果汁をただ煮詰めるだけで仕上げるシンプルで梅のパワーをギュッと凝縮させた非常に濃厚な梅肉エキスです。もちろん無農薬栽培の梅だけを使っています。
梅玉
従来の龍神梅梅肉エキスに上新粉(国内産100%)と甜菜繊維(砂糖大根繊維)を加えて丸剤にしました。すべて自然の素材から出来ていますので安心してお召し上がりいただけます。
白梅酢・赤梅酢
白梅酢と赤梅酢を紹介しています。梅酢は梅干しを作る製造工程の途中で出てくる貴重な汁のことで、昔から殺菌効果がある、健康価値が高いなどと言われてきたものです。
梅醤
梅醤を紹介しています。本品は、無農薬栽培で育てた龍神梅の梅干しと紫蘇 、しょう油はしっかり熟成された天然醸造の醤油 それに生姜を加えて作っています。
梅のしろっぷ
龍神梅とさとうきびを原料にした粗製糖と、てん菜(根部)を原料にしたてんさい糖(ビートグラニュー糖)のぢちらかで漬け込んだ梅果汁100%の梅ジュースです。
梅ジャム
梅ジャムを紹介しています。青梅をてんさい糖と喜界島粗糖で2種類の味のジャムを作っています。甘さ控えめのさっぱりしたてんさい糖仕上げと、コクのあるまろやかな甘みの粗製糖の仕上げです。
しずくの実
龍神食品センターの商品を紹介しています。完全無農薬で商品を作っています。手間をかけて1つ1つ丁寧に心をこめてものづくりをしています。