老いも若きも2号|昔ながらの梅干し

老いも若きも2号|昔ながらの梅干し

私が梅干しづくりをはじめてきっかけは郡司篤孝先生との出会いからでした。

 

龍神村という山奥で、自然食品店をやっていた私は店番をする程も売れないので、100m四方に聞こえるベルをつけておいて、用件の人あるはそのベルを押してもらうことにして、私自身は田んぼや畑で働いているといった具合でした。

 

店の前を通りかかった郡司先生がこんな山奥でまわりには自然がいっぱいなのに自然食品の店をするなんてよっぽどの変わり者なのではと思われたのか店によって下さいました。

 

その時、夫も私も留守でして、応対に出た娘に名刺を渡して帰られました。

 

私達夫婦はその名刺を見てびっくりしました。

 

食品添加物の研究や豆腐防腐剤の危険性を訴えられた高名な郡司篤孝先生だったからです。

 

その日の朝日新聞に郡司先生の講習会が田辺の商工会議所で開催されるということを読んでいましたので、夫と二人講演会場に行きました。

 

 

梅干し作りのきっかけ

 

その時手作りの梅干しをおみやげに持参しました。

 

その梅干しが消費者の代表の方々の目にとまり、それがご縁となって、梅干しを作ることになったのでした。

 

山奥で自然職人の店をはじめたのも、昔ながらの梅干しづくりに取り組んだのも、元はと言えば私自身病弱でつらい思いの青春時代を過したからでした。

 

健康でないと何事もはじまったもんじゃない、幸せの第一歩は健康からということが身に染みている私はみなさまの健康づくりにもお役に立ちたいという熱い思いがありました。

 

私の母は結核で7年の闘病生活野の後に他界しましたが、17歳をはじめとする4人の子供を残して36歳の若さでした。

 

どんなに心残りだったことでしょう。

 

私はその時15歳。

 

その時の無念さはいくつになっても消えることはなく、年とともに過去が鮮明になってくるような気さえします。

 

すでに肺結核に侵されて休学していた私は、それから19歳まで闘病生活を続けることになるのですが、肺結核から栗粒結核にまで進行しました。

 

父はパスやマイシン、新薬が出来ると走り廻っていましたが、その時栄養学の知識しかなく、結核には栄養滋養という考えが先行していました。

 

 

母の思い出

 

粉河女学校を主席で卒業した母は料理のうまい人で、当時珍しくカステラや蒸しパンをこしらへてくれていました。

 

終戦直後の食糧難で米の変わりにとアメリカの砂糖がバケツ一杯配給されました。

 

どこの家庭でもそれを米や野菜に変えましたが、母は配給されたその砂糖で飴やお菓子を作ってくれました。

 

飴など手品のようにくるくるとのばし、特に私はいつも母のそばでお菓子作りを見ていました。

 

遠足の時のおやつはいつも手作りでした。

 

色も形も素朴でみんなのとは違い、子供心になんとなく気恥ずかしい思いがしたものです。

 

あるとき先生を囲んでみんなが輪になっていた時、先生の手のひらにのせた一握りのお菓子。

 

そのお菓子は大豆に真っ白になる位砂糖をからめたものでした。

 

一粒一粒丁寧に口に入れ味わってくださった先生は最後の一粒を食べ終わると「お母さんによろしく」と頭を下げました。

 

私はみんなのお菓子よりも、母の手作りのお菓子を一役下げてみていました。

 

きれいなセロハンに包んでいないし、形もなんとなくいびつだったのです。

 

そのお菓子に対しての先生のその態度は子供心に母に対して尊敬の念を抱かせたのです。

 

母の思い出を語り始めるときりがありません。

 

 

日本古来の食べ物

 

今の私なら、母の病気を治してあげることが出来るかもしれないと思います。

 

母だってあれだけ生きることに執着していたのですから。

 

どんな努力もしたことでしょう。

 

食養の知識がなかったばっかりに無駄な苦労をしてしまいました。

 

最近、新聞などの死亡報告に四十、五十の働きざかりの方々のお名前を拝見することが多くなりました。

 

残された人たちの悲しみを思うにつけ、やはり日本人には日本古来の食べ物があるのですから、伝統食を大切にして、守っていかねばならないと痛切に感じます。

 

 

平成7年10月発行

 

寒川 殖夫・賀代

関連ページ

老いも若きも1号|健康的な食生活
健康的な食生活は身体が健康になり気持ちも朗らかになります。毎日元気で働けるのも健康的な食生活のおかげです。健康的な食生活で病弱を克服した体験談を紹介しています。
老いも若きも3号|梅肉エキスの作り方
一切まぜ物なしの無農薬の梅肉エキスの作り方を紹介しています。炊き始めると3日間位炊き続けで作る手間暇かけた梅肉エキスです。
老いも若きも4号|田んぼの合鴨農法
合鴨は私の後をよちよちあるくので近所の評判になり、新聞、雑誌、はてはテレビ局まで取材にみえました。田んぼの合鴨農法の体験談を紹介しています。
老いも若きも5号|安全な農業を目指して
安全な食生活こそ人の運命を司っていると断言することが出来ます。安全な農業を通じて、安心できる食生活を目指しています。
老いも若きも6号|龍神村と辰巳芳子先生
龍神梅の製品は無農薬・有機栽培が辰巳芳子先生の目にとまり先般出版され好評の「辰巳芳子が薦めるぜひ取り寄せたい確かな味」に載せて頂きました。
老いも若きも7号|南北相法とは
私の南北相法の極意をしょうかいしています。
老いも若いも8号|林業の枝打ち
山を守り林業を続けていくのに大切な枝打ちについて紹介しています。大切に育ててきた山を譲り受けているのですから先祖の思いをこちらも守り続けていく義務があるのです。
老いも若きも9号|猿の被害と対策
山の食べ物がなくなってきた影響で動物達が畑まで食べ物を探しにきます。猿の被害対策を紹介しています。
老いも若きも10号|梅の美容効果
梅干しの美容効果はもちろんその他さまざまな梅干しパワーを紹介しています。クエン酸は若返りを助けてくれます!
老いも若きも11号|日本の伝統食
日本の伝統食を食べて健康な生活を送っています。その土地で出来たその季節のものを食べ続けることにより根気思いやり愛情といったものが育っていくように思います。
老いも若きも12号|人間の免疫力
毎日の食事の大切さと昔から薬替わりとされてきた梅干しの病気の予防効果について紹介しています。人間の免疫力をあげることで病気にならない体つくりにつながります。
老いも若きも13号|農業の土作り
山の土を畑の土のように肥やすのに、十五年かかりました。長年かけて作りあげた土が梅の成長につながり梅農業は豊作でした。
老いも若きも14号|農業と雑草
農業と雑草は切っても切れない関係にあります。無農薬であればなおさらです。しかし雑草は悪いものではありません。雑草への感謝のエピソードを紹介しています。
老いも若きも15号|食生活と病気
食生活を中心に生活を正せば病気を治すのは簡単なことかもしれないと思いました。食生活と病気のエピソードを紹介しています。
老いも若きも16号|無農薬の農家さん
無農薬の農家さんは無農薬の梅をお客様に食べ続けていただくためにかかせない大切なパートナーです。無農薬栽培をしている農家さんの苦労話を紹介しています。
老いも若きも17号
日本一安全で健康な梅干し作りの名人がい龍神村の寒川殖夫、賀代さんのことを紹介しています。
老いも若きも18号|無農薬梅の販売活動
鞄の中に梅干しの見本をいれて東京駅を降り立った時「なぜこんなに苦労しなくてはならなくなったのか」と思い涙が頬をつたいました。無農薬梅の販売の苦労話を紹介しています。
老いも若きも19号
梅干しは血液をアルカリ性にしエネルギーを増進させます。その上ビタミンを生産し血の濁りを消すので高血圧症などの老人病も予防します。アルカリ性食品を代表する梅干しの健康効果を紹介しています。
老いも若きも20号|梅の不作
今年の梅の作柄は不作でした。今年のように例年の半分以下というのは当センター始まって以来のことです。不作の時の苦労話を紹介しています。
老いも若きも21号|野菜の台風被害
今年は二度目の台風で私の大切な野菜たちも被害を被りました。大根、白菜、ほうれん草、等々、まき直しを二度もしました。台風被害の苦労話を紹介しています。
老いも若きも22号|梅干しのカビの原因
低塩へのこだわりから梅干しにカビをはやして捨てたことがあります。梅干しのカビの対策を経験談を交えて紹介しています。