老いも若きも3号|梅肉エキスの作り方

老いも若きも3号|梅肉エキスの作り方

梅肉エキスはこれまで夫の友人で長いお付き合いのある南部の中松さんに加工をお願いしてきました。

 

中松さんは昔ナタネ油をしぼっていまして、龍神でも稲のうら作にナタネを田んぼで栽培しましたので年に一回、日を決めて龍神へ上ってきていました。

 

その交換の場が納屋でした。

 

中松さんが加工したナタネ油はすばらしく、本当のナタネ色をしており、とろりとねばく天ぷらを揚げると衣が黄色くからりとして、いつまでもべったりとはなりませんでした。

 

時代が変わって、ナタネを作付けする人がいなくなり、ナタネをしぼる機械で梅をしぼりエキスの加工をはじめたのでした。

 

梅肉エキスの元祖のような人でした。

 

龍神梅では無農薬の梅肉エキスにこだわっていますし、一切まぜ物なしですから、中松さんのような良心的で素朴な人に加工をしてもられるということは、私共の主義にぴったりで喜んでいたのですが、何年か前から年をとったのでもう出来ないと言われ、ほとほと困っておりました。

 

そこを何とかと無理を言い人件費はどれだけかかっても仕方がないと、純粋な梅肉エキスにこだわってきました。

 

今まで何度もそんな無理を聞いてきてもらいましたが、それもお願いできなくなって、去年は機械だけを作ってもらい、当社の作業場で梅をしぼり梅肉エキスを炊いてみました。

 

梅肉エキス炊きというのは、聞きしに勝る重労働でした。

 

 

本当に大変な作業です

 

火を入れて炊き始めると3日間位炊き続けですから、徹夜の連続です。

 

他の従業員さんは昼間、梅の引き取りや、洗浄、漬け込み、出荷とてんてこまいなので、夜の火の番は夫と私の仕事となりました。

 

まわりが梅の仕事で目の廻るような忙しさですから、昼間もゆっくり熟睡することが出来ませんから、これにはまいりました。

 

しかし、何とか事故を起こさず無事に済み、やれやれと思った最後の日、ちょっとした油断から、夫が顔に大やけどをしてしまいました。

 

神経をピンとはっていたら避けられたことだったと思われますが、疲れていたのでしょう。

 

炊きあがった梅肉エキスの仕上がり具合を見るため、匂いを嗅ごうと大きなしゃもじですくい上げた熱い梅肉エキスを鼻や口のまわりにつけてしまったのです。

 

すぐに水道の蛇口に顔をもっていき、水で梅肉エキスを洗い流しましたが、ご存知のように梅肉エキスってねっとりしたものですから、なかなか落ちません。

 

そこを何とかと水をかけていますと、梅肉エキスが流れ落ちるのと同時に皮膚もはがれて真っ赤になりました。

 

私は仰天してしまいました。

 

火傷にはアロエがいいのだろうか考えながら、とにかく冷やせと思い氷をビニール袋に入れガーゼをぬらして包み冷やしました。

 

そしてアロエをしぼって、ガーゼにしみこませました。

 

日頃、手当法など自分では少し勉強してきたつもりでしたが、とっさになると、頭が全く働きません。

 

ふと広島の綿岡先生の事が頭に浮かび相談したら、火傷には馬油が一番とのことでした。

 

酸素を皮膚に浸透させると中から新しい直皮が出来て焼け跡にならないからと確信をもって言われました。

 

馬油の浸透性は抜群だとか。

 

それを信じて治療の方針は馬油一点ばりに決まりました。

 

馬油は純粋な混ぜ物なしを使用しなくてはなりません。

 

馬油が皮膚の奥まで浸透する時、酸素を供給し酸素不足を起こさないのでケロイドになるのを防ぐのです。

 

 

やっぱり食養が一番

 

日頃、食養を実行しているおかげで、怪我をしても、治りが早いという体質も良かったのでしょう。

 

そして、その日から自然治療の力を向上させるために、一滴の酒も口にしませんでした。

 

初めの2~3日は流れるように皮膚から透明な液体が出てズルズルでした。

 

夜など、寝ている間に枕もシーツもぬれていました。

 

顔は鼻から下は赤裸、見るのも恐ろしい程でした。

 

ケロイドになるか皮膚の色が変わるか、おそらく元通りになるのは難しいのではないか心配しました。

 

全治に60日位はかかるだろうと言われていた火傷が40日でものの見事に完治したのは驚きました。

 

「天は自ら助すくる者を助すく」とはこの事だと思いました。

 

それにしても馬油の効果は絶大でした。

 

馬油は家庭の常備薬です。

 

この事があってから、夫は蜂にさされても、虫にさされても馬油をぬっています。

 

身近なところにこんなにすばらしい万能薬があるのですね。

 

 

平成8年2月発行

 

寒川 殖夫・賀代

関連ページ

老いも若きも1号|健康的な食生活
健康的な食生活は身体が健康になり気持ちも朗らかになります。毎日元気で働けるのも健康的な食生活のおかげです。健康的な食生活で病弱を克服した体験談を紹介しています。
老いも若きも2号|昔ながらの梅干し
龍神村の山奥で自然食品店をやっていた私が昔ながらの梅干し作りを始めたきっかけは郡司篤孝先生との出会いからでした。
老いも若きも4号|田んぼの合鴨農法
合鴨は私の後をよちよちあるくので近所の評判になり、新聞、雑誌、はてはテレビ局まで取材にみえました。田んぼの合鴨農法の体験談を紹介しています。
老いも若きも5号|安全な農業を目指して
安全な食生活こそ人の運命を司っていると断言することが出来ます。安全な農業を通じて、安心できる食生活を目指しています。
老いも若きも6号|龍神村と辰巳芳子先生
龍神梅の製品は無農薬・有機栽培が辰巳芳子先生の目にとまり先般出版され好評の「辰巳芳子が薦めるぜひ取り寄せたい確かな味」に載せて頂きました。
老いも若きも7号|南北相法とは
私の南北相法の極意をしょうかいしています。
老いも若いも8号|林業の枝打ち
山を守り林業を続けていくのに大切な枝打ちについて紹介しています。大切に育ててきた山を譲り受けているのですから先祖の思いをこちらも守り続けていく義務があるのです。
老いも若きも9号|猿の被害と対策
山の食べ物がなくなってきた影響で動物達が畑まで食べ物を探しにきます。猿の被害対策を紹介しています。
老いも若きも10号|梅の美容効果
梅干しの美容効果はもちろんその他さまざまな梅干しパワーを紹介しています。クエン酸は若返りを助けてくれます!
老いも若きも11号|日本の伝統食
日本の伝統食を食べて健康な生活を送っています。その土地で出来たその季節のものを食べ続けることにより根気思いやり愛情といったものが育っていくように思います。
老いも若きも12号|人間の免疫力
毎日の食事の大切さと昔から薬替わりとされてきた梅干しの病気の予防効果について紹介しています。人間の免疫力をあげることで病気にならない体つくりにつながります。
老いも若きも13号|農業の土作り
山の土を畑の土のように肥やすのに、十五年かかりました。長年かけて作りあげた土が梅の成長につながり梅農業は豊作でした。
老いも若きも14号|農業と雑草
農業と雑草は切っても切れない関係にあります。無農薬であればなおさらです。しかし雑草は悪いものではありません。雑草への感謝のエピソードを紹介しています。
老いも若きも15号|食生活と病気
食生活を中心に生活を正せば病気を治すのは簡単なことかもしれないと思いました。食生活と病気のエピソードを紹介しています。
老いも若きも16号|無農薬の農家さん
無農薬の農家さんは無農薬の梅をお客様に食べ続けていただくためにかかせない大切なパートナーです。無農薬栽培をしている農家さんの苦労話を紹介しています。
老いも若きも17号
日本一安全で健康な梅干し作りの名人がい龍神村の寒川殖夫、賀代さんのことを紹介しています。
老いも若きも18号|無農薬梅の販売活動
鞄の中に梅干しの見本をいれて東京駅を降り立った時「なぜこんなに苦労しなくてはならなくなったのか」と思い涙が頬をつたいました。無農薬梅の販売の苦労話を紹介しています。
老いも若きも19号
梅干しは血液をアルカリ性にしエネルギーを増進させます。その上ビタミンを生産し血の濁りを消すので高血圧症などの老人病も予防します。アルカリ性食品を代表する梅干しの健康効果を紹介しています。
老いも若きも20号|梅の不作
今年の梅の作柄は不作でした。今年のように例年の半分以下というのは当センター始まって以来のことです。不作の時の苦労話を紹介しています。
老いも若きも21号|野菜の台風被害
今年は二度目の台風で私の大切な野菜たちも被害を被りました。大根、白菜、ほうれん草、等々、まき直しを二度もしました。台風被害の苦労話を紹介しています。
老いも若きも22号|梅干しのカビの原因
低塩へのこだわりから梅干しにカビをはやして捨てたことがあります。梅干しのカビの対策を経験談を交えて紹介しています。