老いも若きも17号

老いも若きも17号|龍神村と龍神梅

十一月に来宅され、梅の栽培体験ということで梅畑の堆肥やりを手伝って下さいました。

 

田畑健康食品㈱の社長、松田行芳さんが”やすらぎ”に載せてくださいました1ページです。

 

 

味な人・味な店

 

和歌山県龍神村といえば、どの辺りかお判りでしょうか。

 

龍神とは雨と水を司る海の神であるが、この龍神村は山奥のその又山奥の秘境の地にあります。
大阪から車で五時間もかかる僻地です。

 

ここに、日本一安全で健康な梅干し作りの名人がおられます。
なぜ日本一安全で健康な梅干しかと言いますと、アメリカの安全食品規格に合格した梅干は「龍神梅干し」だけだからです。正にギネス記録並と言えます。

 

龍神梅を作っている方は、寒川殖夫・賀代さんご夫妻で他に社員さんがおられます。

 

寒川さんの梅の木は、梅林というより梅山で、山の急斜面に植えられており、現在一六〇〇本の梅の木が、ご夫妻の愛情一杯の中で育っています。

 

全く無農薬自然農法ですから、梅の木一本一本に私達の想像を絶する愛を込めて、我が子のように可愛がっています。

 

龍神梅の故郷は、昔から化学肥料・農薬は使ったことがないところですから、土地がすこぶる清浄で自然そのものであります。従って、そんなに虫にやられる事はありません。

 

しかし、龍神の山には相当数の野生の鹿達が住んでいます。

 

この野生の鹿が梅の木の皮を食べるので困っています。寒川さんご夫妻は、鹿達にやられた梅の木を網で囲いをして鹿から守ってやります。

 

この様にして、あの美味しい龍神梅は作られていくのです。

 

それから、寒川さんご夫妻は還暦を越えておりますが、とても若々しく、山の重労働も難なくこなしています。

 

毎日の食事は、自給自足で味噌も醤油も自家製、穀類は精白しないという理想的な食生活をしています。

 

それと、奥さんの賀代さんはとても美人です。

 

龍神村には、日本で三本の指に入ると言われる美人温泉がありますので、もしかすると龍神温泉がその素かも知れません。

 

梅山の一本一草愛をこめ

 

真の梅干し作る味人    芳馬

 

 

正しい食養とは

 

食養を知った頃、玄米菜食をしなければ健康にはなれないと思い実行いたしました。

 

始めは桜沢式だったので陰性体質には玄米、てっかみそ、きんぴらといったやり方でした。

 

私は子供の頃から甘い物が大好きで、料理が得意だったものですから、お菓子をこしらえ、料理も特に甘い味付けにして自分好みのものを作って食べていました。

 

甘いものを食べつづけているとあまり甘さを感じなくなるようで、特に砂糖のきいたものを食べていたと思います。

 

そのうちに砂糖中毒(食養に入って知った言葉です)にかかっていたのでしょう。

 

甘いものを食べなくてはおれなくなりました。

 

その頃、肺結核にかかっており高校を休学していましたが、医師の治療を受けながら、粟粒結核へとすすみました。

 

薬も安静も医師の指示通りを守りながら悪化したのです。

 

ある時、ある人からの忠告で食養を知り食養の道に入りました。

 

その時から四十数年経ちます。

 

様々なことがあった青春時代でした。

 

決して輝いたものではありませんでした。

 

若い頃はがむしゃらに玄米・菜食にこだわり、陰性体質には陽性な食物をと頑なに思ってきましたが、その後四十数年の体験から、体質改善のコツのようなものを体得したように思います。

 

現在はあまり形式にはこだわらず、生物、青汁も体質を陽性化するのに必要だと思っています。

 

 

体質改善で最も大切なことは、食べることよりも排泄

 

貴女は極陰の体質だから、青汁は冷えるとおっしゃいますが、きっと腸まひがあり、宿便もあるでしょう。

 

それを解決するのが今、しなければならないことであり、甲田先生の本を何度も読み、実行なさると必ず少量の食事の量でもふっくらとした適度な体型になることでしょう。

 

簡単に申し上げましたが、おわかり頂けたでしょうか。

 

 

平成9年12月発行

 

寒川 殖夫・賀代

 

 

 

関連ページ

老いも若きも1号|健康的な食生活
健康的な食生活は身体が健康になり気持ちも朗らかになります。毎日元気で働けるのも健康的な食生活のおかげです。健康的な食生活で病弱を克服した体験談を紹介しています。
老いも若きも2号|昔ながらの梅干し
龍神村の山奥で自然食品店をやっていた私が昔ながらの梅干し作りを始めたきっかけは郡司篤孝先生との出会いからでした。
老いも若きも3号|梅肉エキスの作り方
一切まぜ物なしの無農薬の梅肉エキスの作り方を紹介しています。炊き始めると3日間位炊き続けで作る手間暇かけた梅肉エキスです。
老いも若きも4号|田んぼの合鴨農法
合鴨は私の後をよちよちあるくので近所の評判になり、新聞、雑誌、はてはテレビ局まで取材にみえました。田んぼの合鴨農法の体験談を紹介しています。
老いも若きも5号|安全な農業を目指して
安全な食生活こそ人の運命を司っていると断言することが出来ます。安全な農業を通じて、安心できる食生活を目指しています。
老いも若きも6号|龍神村と辰巳芳子先生
龍神梅の製品は無農薬・有機栽培が辰巳芳子先生の目にとまり先般出版され好評の「辰巳芳子が薦めるぜひ取り寄せたい確かな味」に載せて頂きました。
老いも若きも7号|南北相法とは
私の南北相法の極意をしょうかいしています。
老いも若いも8号|林業の枝打ち
山を守り林業を続けていくのに大切な枝打ちについて紹介しています。大切に育ててきた山を譲り受けているのですから先祖の思いをこちらも守り続けていく義務があるのです。
老いも若きも9号|猿の被害と対策
山の食べ物がなくなってきた影響で動物達が畑まで食べ物を探しにきます。猿の被害対策を紹介しています。
老いも若きも10号|梅の美容効果
梅干しの美容効果はもちろんその他さまざまな梅干しパワーを紹介しています。クエン酸は若返りを助けてくれます!
老いも若きも11号|日本の伝統食
日本の伝統食を食べて健康な生活を送っています。その土地で出来たその季節のものを食べ続けることにより根気思いやり愛情といったものが育っていくように思います。
老いも若きも12号|人間の免疫力
毎日の食事の大切さと昔から薬替わりとされてきた梅干しの病気の予防効果について紹介しています。人間の免疫力をあげることで病気にならない体つくりにつながります。
老いも若きも13号|農業の土作り
山の土を畑の土のように肥やすのに、十五年かかりました。長年かけて作りあげた土が梅の成長につながり梅農業は豊作でした。
老いも若きも14号|農業と雑草
農業と雑草は切っても切れない関係にあります。無農薬であればなおさらです。しかし雑草は悪いものではありません。雑草への感謝のエピソードを紹介しています。
老いも若きも15号|食生活と病気
食生活を中心に生活を正せば病気を治すのは簡単なことかもしれないと思いました。食生活と病気のエピソードを紹介しています。
老いも若きも16号|無農薬の農家さん
無農薬の農家さんは無農薬の梅をお客様に食べ続けていただくためにかかせない大切なパートナーです。無農薬栽培をしている農家さんの苦労話を紹介しています。
老いも若きも18号|無農薬梅の販売活動
鞄の中に梅干しの見本をいれて東京駅を降り立った時「なぜこんなに苦労しなくてはならなくなったのか」と思い涙が頬をつたいました。無農薬梅の販売の苦労話を紹介しています。
老いも若きも19号
梅干しは血液をアルカリ性にしエネルギーを増進させます。その上ビタミンを生産し血の濁りを消すので高血圧症などの老人病も予防します。アルカリ性食品を代表する梅干しの健康効果を紹介しています。
老いも若きも20号|梅の不作
今年の梅の作柄は不作でした。今年のように例年の半分以下というのは当センター始まって以来のことです。不作の時の苦労話を紹介しています。
老いも若きも21号|野菜の台風被害
今年は二度目の台風で私の大切な野菜たちも被害を被りました。大根、白菜、ほうれん草、等々、まき直しを二度もしました。台風被害の苦労話を紹介しています。
老いも若きも22号|梅干しのカビの原因
低塩へのこだわりから梅干しにカビをはやして捨てたことがあります。梅干しのカビの対策を経験談を交えて紹介しています。