老いも若きも20号|梅の不作

老いも若きも20号|梅の不作

梅干に色をつけるしそは、もちろん無農薬・有機栽培でして春の彼岸ごろ畑にまきます。

 

芽が生えそろった頃、やっと見えるような小さな虫になめたように片っ端からやられて毎年苦労してきました。

 

結局は自生したしその苗を移植するということで事を解決してきたのですが、同じ土なのに自生したしそは虫にやられなくて、蒔いたしそが虫にやられるのはなぜだろうか、と長い間疑問に思ってきました。

 

虫の対策として天恵緑汁といった天然自然の薬をこしらえてやるのですが、虫が発生してしまうと、それは殺虫剤ではないのでお手上げだったわけです。

 

そこで考えた挙句、秋採種しないで自然に落ちるにまかせてみました。

 

秋、自然に落ちたしその種は厳しい寒さに堪えて時期が来たので自力で生えてきました。

 

春とも彼岸とも暦など知らないのにぴったりと計ったように生えてきました。

 

 

まずその自然の力に感動しました

 

毎年あれ程苦労して虫と闘ってきましたのに、これはどういうわけでしょう。

 

自生したしその苗はみんな生き生きとして成長しています。

 

霜やら、雪やらで冬の夜などおそらく氷点下何度、時には何十度になることもあったでしょうに、その寒さに耐えて生き残った種だから、強いのでしょうか。

 

虫にやられるような弱いのはすでに淘汰されているのでしょうか。

 

研究不足でそれがどういうわけなのか、まだわからないままに兎に角今年のしそは順調にすべり出しました。

 

 

今年の梅の作柄

 

今年の梅の作柄は不作でした。

 

今までも不作の年はありましたけれど、今年のように例年の半分以下というのは当センター始まって以来のことであります。

 

無農薬・有機栽培の梅は急に増産出来ないので、こんな事態が起こるということを予想して、当センターでは10年前から卸の新規のお取引をひかえて在庫を増やし続けてきました。

 

ようやく約一年分の販売量を確保できた時点での今年の不作であります。

 

在庫を増やすということは資金を寝させるということで苦しいことなのですが、私どもは金は借りられるけれども無農薬・有機栽培の梅はどこに行っても借りることも買うことも出来ない、という考えで地道に根を張ってきたわけです。

 

お陰で今年のような不作の年であっても龍神梅干し愛好のお客様にご迷惑をおかけしないで済みます。

 

手持ちの梅は白干しでありまして、赤梅酢に漬けて色付けする作業が残っております。

 

幸いしそは豊作ですので心配はいらないのですが、赤梅酢にするための梅酢が大量に必要になってきます。

 

そこで今年の梅漬けでできました梅酢のほとんどを赤づけ用に廻さなくてはならなくなりました。

 

梅酢の販売は個人さんのみ200ccを二本くらいとさせていただき、卸はすべて販売を控えて頂くことになりました。悪しからずご了承下さいますようにお願いいたします。

 

なお、エキス、梅ジュース、梅ジャム、ゆかり等の製品は販売量は十分にありますのでご安心ください。

 

中国から輸入される梅干が日本産のと味も外観も変わりがなく、梅干の輸入が大量に増え続けているということです。

 

農薬の害ということをのぞいても、味や外観に変わりがなくてもそれは身土不二の原則に反する食物ということになります。

 

梅干が健康増進に役立つ、三毒を断つ食物であるという消費者の期待を考えます時に、やはり日本人の食物は日本の国土で栽培されたものを求めるべきでしょう。

 

そして龍神梅は皆様のご期待に必ずや添う食品であるという確信を持っております。

 

今後はさらに梅の栽培に力を入れて天変地異にもあまり堪えないような梅を栽培していかなければならないと責任を感じております。

 

梅の収穫が終わるとお礼肥えをやるのですが、今年は収穫が早くすみましたので早速ボカシ肥料を静岡の川合肥料さんからトラック一車20kg×500袋購入して施肥しました。

 

年により、なたね粕、骨粉、けいふん、カキガラ等変わるわけですが、今年はボカシ肥料を施しました。

 

 

寒川 殖夫・賀代

関連ページ

老いも若きも1号|健康的な食生活
健康的な食生活は身体が健康になり気持ちも朗らかになります。毎日元気で働けるのも健康的な食生活のおかげです。健康的な食生活で病弱を克服した体験談を紹介しています。
老いも若きも2号|昔ながらの梅干し
龍神村の山奥で自然食品店をやっていた私が昔ながらの梅干し作りを始めたきっかけは郡司篤孝先生との出会いからでした。
老いも若きも3号|梅肉エキスの作り方
一切まぜ物なしの無農薬の梅肉エキスの作り方を紹介しています。炊き始めると3日間位炊き続けで作る手間暇かけた梅肉エキスです。
老いも若きも4号|田んぼの合鴨農法
合鴨は私の後をよちよちあるくので近所の評判になり、新聞、雑誌、はてはテレビ局まで取材にみえました。田んぼの合鴨農法の体験談を紹介しています。
老いも若きも5号|安全な農業を目指して
安全な食生活こそ人の運命を司っていると断言することが出来ます。安全な農業を通じて、安心できる食生活を目指しています。
老いも若きも6号|龍神村と辰巳芳子先生
龍神梅の製品は無農薬・有機栽培が辰巳芳子先生の目にとまり先般出版され好評の「辰巳芳子が薦めるぜひ取り寄せたい確かな味」に載せて頂きました。
老いも若きも7号|南北相法とは
私の南北相法の極意をしょうかいしています。
老いも若いも8号|林業の枝打ち
山を守り林業を続けていくのに大切な枝打ちについて紹介しています。大切に育ててきた山を譲り受けているのですから先祖の思いをこちらも守り続けていく義務があるのです。
老いも若きも9号|猿の被害と対策
山の食べ物がなくなってきた影響で動物達が畑まで食べ物を探しにきます。猿の被害対策を紹介しています。
老いも若きも10号|梅の美容効果
梅干しの美容効果はもちろんその他さまざまな梅干しパワーを紹介しています。クエン酸は若返りを助けてくれます!
老いも若きも11号|日本の伝統食
日本の伝統食を食べて健康な生活を送っています。その土地で出来たその季節のものを食べ続けることにより根気思いやり愛情といったものが育っていくように思います。
老いも若きも12号|人間の免疫力
毎日の食事の大切さと昔から薬替わりとされてきた梅干しの病気の予防効果について紹介しています。人間の免疫力をあげることで病気にならない体つくりにつながります。
老いも若きも13号|農業の土作り
山の土を畑の土のように肥やすのに、十五年かかりました。長年かけて作りあげた土が梅の成長につながり梅農業は豊作でした。
老いも若きも14号|農業と雑草
農業と雑草は切っても切れない関係にあります。無農薬であればなおさらです。しかし雑草は悪いものではありません。雑草への感謝のエピソードを紹介しています。
老いも若きも15号|食生活と病気
食生活を中心に生活を正せば病気を治すのは簡単なことかもしれないと思いました。食生活と病気のエピソードを紹介しています。
老いも若きも16号|無農薬の農家さん
無農薬の農家さんは無農薬の梅をお客様に食べ続けていただくためにかかせない大切なパートナーです。無農薬栽培をしている農家さんの苦労話を紹介しています。
老いも若きも17号
日本一安全で健康な梅干し作りの名人がい龍神村の寒川殖夫、賀代さんのことを紹介しています。
老いも若きも18号|無農薬梅の販売活動
鞄の中に梅干しの見本をいれて東京駅を降り立った時「なぜこんなに苦労しなくてはならなくなったのか」と思い涙が頬をつたいました。無農薬梅の販売の苦労話を紹介しています。
老いも若きも19号
梅干しは血液をアルカリ性にしエネルギーを増進させます。その上ビタミンを生産し血の濁りを消すので高血圧症などの老人病も予防します。アルカリ性食品を代表する梅干しの健康効果を紹介しています。
老いも若きも21号|野菜の台風被害
今年は二度目の台風で私の大切な野菜たちも被害を被りました。大根、白菜、ほうれん草、等々、まき直しを二度もしました。台風被害の苦労話を紹介しています。
老いも若きも22号|梅干しのカビの原因
低塩へのこだわりから梅干しにカビをはやして捨てたことがあります。梅干しのカビの対策を経験談を交えて紹介しています。