老いも若きも11号|日本の伝統食

老いも若きも11号|日本の伝統食

最近気がついたことなのですが、仕事の内容とか量とかは年齢に関係がないような気がします。

 

といいますのは、当センターに最高七十五才のおばあさんが来て、百姓仕事やら梅の仕事等を手伝ってくれています。

 

普通なら隠居をして若い人たちの厄介になっているところでしょうが、まだまだやる気充分で仕事の出来具合が実に立派なのです。

 

若い人を叱咤激励することは度々ですし、自分のことのように仕事の段取りを頭の中で立てていて仕事に裏表がない、それどころか皆を引っ張っていってくれるところがある。

 

その仕事ぶりにはいつも頭の下がる思いがしています。

 

これはやはりその人の過去の食生活の左右するところが大きいと思います。

 

”食は人なり”といいますが、伝統食を守っている人には昔の日本人が持っている気迫といいましょうか、日本人的な心意気とでもいうものが自然に備わっているようです。

 

伝統食といいますと、我が夫もその代表的な人物だと思います。

 

私の手づくりのものしか食べない、自家製の醤油や味噌で味をつけないと気に入らないといった頑固者です。

 

私が多忙で食卓を整える暇がないときは、漬物とジャコで玄米めしを食べてくれるといったところがあり「わしはほんまに世話のない人間や」と言っていますし、確かにそんな面もあるのですが、私が留守をする時は二日なら二日分、三日なら三日分のおかずを全部用意しておかねばならず、外食をしてくれませんので融通はききません。

 

時には世間の旦那のようにたまには外で食事をしてくれてもいいのにと思うことがありますが、それは私の気ままということだと思います。

 

夫が伝統食しか食べないというところに夫の健康があり、私の健康があるのでしょうから有り難いことだと感謝こそしても、文句の言うところなんか全然ないと思い直しています。

 

 

身土不二

 

水野南北が”食は人なり運命なり”といった言葉は不滅の名言であると思います。

 

その土地で出来たその季節のものを食べ続けることにより、根気、思いやり、愛情といったものが育っていくように思います。

 

昔のような日本的な情緒が失われつつある現在、食生活から見ると世界各国のあらゆる食材が手に入り、料理もバラエティーに富んでいることはある面から視ると決して幸せとは言えないのではないか、とそんな気がします。

 

日本人ですから日本の土地で出来るものを食べるとしたら、今年これは不作だったから分けあって食べようねとか、この夏は日照り続きだったから秋の作物は影響を受けたとか、あるいは又、冬の寒さが稲の豊作を呼ぶといったことは農業に携わっている人はもちろんのこと、土とは関係のない消費するだけの人間にもそんな季節の移り変わりを肌で感じることが出来、食べ物の大切さが身に染みるのではないでしょうか。

 

不作だからといって対策も練らずに安易に輸入などしてほしくないと切に希望しています。

 

食生活の内容を工夫し自給率を上げていくことが、日本人が日本人らしく生きていく第一歩なのではないかとそんなことを考えている昨今です。

 

 

新製品が出来ました

 

沖縄の黒砂糖100%で漬けた梅ジュースです。水で割ってジュースに。

 

咳がでるときはそのままでも。

 

 

百姓あれこれ

 

五月一八日、一九日と田植えをしました。

 

今年も紙マルチを敷いての田植えでした。

 

去年初めて紙マルチを敷いてした時点では、あまりに手間がかかるので早乙女達に気の毒で来年はどうしょうかなあという迷いがありましたが、上手く紙が敷かれている所はその後全然草が生えてこないので効果はバツグンという感触を得ました。

 

紙と紙の継ぎ目をよく重ねるとか、端の方まで出来るだけ紙を丁寧にのばすとか、今年はより工夫して植えてみました。だから田ノ草で苦労することはあまりないでしょう。

 

除草剤で先祖から預かっている大切な田んぼを汚したくありませんし、汚染された米を食べたくありません。

 

そしてこの龍神村の人達にとって、大きな財産である日高川を汚したくありません。

 

 

平成9年5月発行

 

寒川 殖夫・賀代

関連ページ

老いも若きも1号|健康的な食生活
健康的な食生活は身体が健康になり気持ちも朗らかになります。毎日元気で働けるのも健康的な食生活のおかげです。健康的な食生活で病弱を克服した体験談を紹介しています。
老いも若きも2号|昔ながらの梅干し
龍神村の山奥で自然食品店をやっていた私が昔ながらの梅干し作りを始めたきっかけは郡司篤孝先生との出会いからでした。
老いも若きも3号|梅肉エキスの作り方
一切まぜ物なしの無農薬の梅肉エキスの作り方を紹介しています。炊き始めると3日間位炊き続けで作る手間暇かけた梅肉エキスです。
老いも若きも4号|田んぼの合鴨農法
合鴨は私の後をよちよちあるくので近所の評判になり、新聞、雑誌、はてはテレビ局まで取材にみえました。田んぼの合鴨農法の体験談を紹介しています。
老いも若きも5号|安全な農業を目指して
安全な食生活こそ人の運命を司っていると断言することが出来ます。安全な農業を通じて、安心できる食生活を目指しています。
老いも若きも6号|龍神村と辰巳芳子先生
龍神梅の製品は無農薬・有機栽培が辰巳芳子先生の目にとまり先般出版され好評の「辰巳芳子が薦めるぜひ取り寄せたい確かな味」に載せて頂きました。
老いも若きも7号|南北相法とは
私の南北相法の極意をしょうかいしています。
老いも若いも8号|林業の枝打ち
山を守り林業を続けていくのに大切な枝打ちについて紹介しています。大切に育ててきた山を譲り受けているのですから先祖の思いをこちらも守り続けていく義務があるのです。
老いも若きも9号|猿の被害と対策
山の食べ物がなくなってきた影響で動物達が畑まで食べ物を探しにきます。猿の被害対策を紹介しています。
老いも若きも10号|梅の美容効果
梅干しの美容効果はもちろんその他さまざまな梅干しパワーを紹介しています。クエン酸は若返りを助けてくれます!
老いも若きも12号|人間の免疫力
毎日の食事の大切さと昔から薬替わりとされてきた梅干しの病気の予防効果について紹介しています。人間の免疫力をあげることで病気にならない体つくりにつながります。
老いも若きも13号|農業の土作り
山の土を畑の土のように肥やすのに、十五年かかりました。長年かけて作りあげた土が梅の成長につながり梅農業は豊作でした。
老いも若きも14号|農業と雑草
農業と雑草は切っても切れない関係にあります。無農薬であればなおさらです。しかし雑草は悪いものではありません。雑草への感謝のエピソードを紹介しています。
老いも若きも15号|食生活と病気
食生活を中心に生活を正せば病気を治すのは簡単なことかもしれないと思いました。食生活と病気のエピソードを紹介しています。
老いも若きも16号|無農薬の農家さん
無農薬の農家さんは無農薬の梅をお客様に食べ続けていただくためにかかせない大切なパートナーです。無農薬栽培をしている農家さんの苦労話を紹介しています。
老いも若きも17号
日本一安全で健康な梅干し作りの名人がい龍神村の寒川殖夫、賀代さんのことを紹介しています。
老いも若きも18号|無農薬梅の販売活動
鞄の中に梅干しの見本をいれて東京駅を降り立った時「なぜこんなに苦労しなくてはならなくなったのか」と思い涙が頬をつたいました。無農薬梅の販売の苦労話を紹介しています。
老いも若きも19号
梅干しは血液をアルカリ性にしエネルギーを増進させます。その上ビタミンを生産し血の濁りを消すので高血圧症などの老人病も予防します。アルカリ性食品を代表する梅干しの健康効果を紹介しています。
老いも若きも20号|梅の不作
今年の梅の作柄は不作でした。今年のように例年の半分以下というのは当センター始まって以来のことです。不作の時の苦労話を紹介しています。
老いも若きも21号|野菜の台風被害
今年は二度目の台風で私の大切な野菜たちも被害を被りました。大根、白菜、ほうれん草、等々、まき直しを二度もしました。台風被害の苦労話を紹介しています。
老いも若きも22号|梅干しのカビの原因
低塩へのこだわりから梅干しにカビをはやして捨てたことがあります。梅干しのカビの対策を経験談を交えて紹介しています。