老いも若きも7号|南北相法とは

老いも若きも7号|南北相法とは

私の南北相法極意をしょうかいします。

 

南北先生の言わんとするところは、一にも二にも大食はするなということであります。

 

分限より多く食するということは、天に食物の借りが出来るということであり、借りあって立身出世はおぼつかなく生涯身を粉にして働き盡すことになるでしょう。

 

又、衣食を充分にまとい、なしたき事を充分になして立身出世は望めない。望むこと事態が愚かなことだと悟るべきであります。

 

なしたき事とは、美味贅食をむさぼり食らうことや、遊びたいときに遊びたいだけ遊ぶとかいった意味なのでしょう。

 

身にまとう物も必要以上に身を飾る必要がなく、流行のものもいいでしょうが、流行を追うだけになってしまってはいけないということなのでしょう。

 

一口に言えば精神的な分にウエイトをおいて生活せよということでしょうか。

 

 

食あたりの特効薬 梅肉エキス

 

固い青梅をすりおろし布袋に入れて汁をしぼります。

 

この汁を土鍋、ホーロー、ステンレス製の鍋に入れ、弱火で煮詰めていきます。

 

だんだん茶褐色になり、やがて液にねばりが出て色も黒っぽくなり泡が立つようになりますから、これを陶器かガラス瓶に移します。

 

梅肉エキスは、むかしから食あたり、消化器の伝染病の特効薬として、民間に伝承されてきたもので、チフス菌、赤痢菌、大腸菌などは、実験的に死滅させることが出来ます。

 

また梅の実に含まれるクエン酸、ピクリン酸は疲れをとり体に抵抗力をつけてくれます。一日に耳かき一杯くらいを常食し、緊急のときは小さじ一杯ほども飲みます。 (長寿の秘訣より)

 

 

百姓あれこれ

 

春の彼岸頃しそをまきます。いつも上手に生え揃うのですが、いつの頃からでしょうか二、三日油断して畑を見に行かないと、畑の1/3にも半分にも及ぶ面積のしそがなくなっているのです。

 

なめたように消え失せているのです。驚きました。

 

いろいろと観察した結果、黄色がかった黒い小さな幼虫が集団でしその汁をすっているのでした。体が小さいわりには被害が甚大でなかなか手ごわいのです。

 

焼酎ににんにくのしぼり汁を混ぜて、にわかに作った薬を虫にかけてやりますと、一時間もするとコロンとみんなしそから落ちて地面に転がっていますので「これはあたりー!」と手をたたいて大喜び。

 

夕方遅くまでじょうろで畑にやりました。

 

焼酎は一斗程も使用したでしょうか。翌朝しそ畑へ行ってみましたら、昨日の倍ほども肥った虫がしそに群がっています。「ナーンだ。ゆうべは酔っぱらっていただけか」とがっかりしました。

 

一斗の焼酎と2kgのにんにくは虫を肥やしただけに終わりました。

 

あせび(馬酔木)は虫にきくと昔から言うといって、夫が山へ採りに行ってくれました。

 

あせびを煎じて、その煎じ液をじょうろでしそにかけるのです。

 

大釜にあせびを一杯切って入れ、一時間くらい煎じます。

 

何石もこしらえました。これは効きました。

 

じょうろでかけた後、ぬかであせび団子をこしらえてしその間に置きました。

 

あせびのお陰でこの年はやっとしそを助けることが出来ました。

 

 

平成8年8月発行

 

寒川 殖夫・賀代

関連ページ

老いも若きも1号|健康的な食生活
健康的な食生活は身体が健康になり気持ちも朗らかになります。毎日元気で働けるのも健康的な食生活のおかげです。健康的な食生活で病弱を克服した体験談を紹介しています。
老いも若きも2号|昔ながらの梅干し
龍神村の山奥で自然食品店をやっていた私が昔ながらの梅干し作りを始めたきっかけは郡司篤孝先生との出会いからでした。
老いも若きも3号|梅肉エキスの作り方
一切まぜ物なしの無農薬の梅肉エキスの作り方を紹介しています。炊き始めると3日間位炊き続けで作る手間暇かけた梅肉エキスです。
老いも若きも4号|田んぼの合鴨農法
合鴨は私の後をよちよちあるくので近所の評判になり、新聞、雑誌、はてはテレビ局まで取材にみえました。田んぼの合鴨農法の体験談を紹介しています。
老いも若きも5号|安全な農業を目指して
安全な食生活こそ人の運命を司っていると断言することが出来ます。安全な農業を通じて、安心できる食生活を目指しています。
老いも若きも6号|龍神村と辰巳芳子先生
龍神梅の製品は無農薬・有機栽培が辰巳芳子先生の目にとまり先般出版され好評の「辰巳芳子が薦めるぜひ取り寄せたい確かな味」に載せて頂きました。
老いも若いも8号|林業の枝打ち
山を守り林業を続けていくのに大切な枝打ちについて紹介しています。大切に育ててきた山を譲り受けているのですから先祖の思いをこちらも守り続けていく義務があるのです。
老いも若きも9号|猿の被害と対策
山の食べ物がなくなってきた影響で動物達が畑まで食べ物を探しにきます。猿の被害対策を紹介しています。
老いも若きも10号|梅の美容効果
梅干しの美容効果はもちろんその他さまざまな梅干しパワーを紹介しています。クエン酸は若返りを助けてくれます!
老いも若きも11号|日本の伝統食
日本の伝統食を食べて健康な生活を送っています。その土地で出来たその季節のものを食べ続けることにより根気思いやり愛情といったものが育っていくように思います。
老いも若きも12号|人間の免疫力
毎日の食事の大切さと昔から薬替わりとされてきた梅干しの病気の予防効果について紹介しています。人間の免疫力をあげることで病気にならない体つくりにつながります。
老いも若きも13号|農業の土作り
山の土を畑の土のように肥やすのに、十五年かかりました。長年かけて作りあげた土が梅の成長につながり梅農業は豊作でした。
老いも若きも14号|農業と雑草
農業と雑草は切っても切れない関係にあります。無農薬であればなおさらです。しかし雑草は悪いものではありません。雑草への感謝のエピソードを紹介しています。
老いも若きも15号|食生活と病気
食生活を中心に生活を正せば病気を治すのは簡単なことかもしれないと思いました。食生活と病気のエピソードを紹介しています。
老いも若きも16号|無農薬の農家さん
無農薬の農家さんは無農薬の梅をお客様に食べ続けていただくためにかかせない大切なパートナーです。無農薬栽培をしている農家さんの苦労話を紹介しています。
老いも若きも17号
日本一安全で健康な梅干し作りの名人がい龍神村の寒川殖夫、賀代さんのことを紹介しています。
老いも若きも18号|無農薬梅の販売活動
鞄の中に梅干しの見本をいれて東京駅を降り立った時「なぜこんなに苦労しなくてはならなくなったのか」と思い涙が頬をつたいました。無農薬梅の販売の苦労話を紹介しています。
老いも若きも19号
梅干しは血液をアルカリ性にしエネルギーを増進させます。その上ビタミンを生産し血の濁りを消すので高血圧症などの老人病も予防します。アルカリ性食品を代表する梅干しの健康効果を紹介しています。
老いも若きも20号|梅の不作
今年の梅の作柄は不作でした。今年のように例年の半分以下というのは当センター始まって以来のことです。不作の時の苦労話を紹介しています。
老いも若きも21号|野菜の台風被害
今年は二度目の台風で私の大切な野菜たちも被害を被りました。大根、白菜、ほうれん草、等々、まき直しを二度もしました。台風被害の苦労話を紹介しています。
老いも若きも22号|梅干しのカビの原因
低塩へのこだわりから梅干しにカビをはやして捨てたことがあります。梅干しのカビの対策を経験談を交えて紹介しています。