老いも若きも19号

老いも若きも19号|梅干しはアルカリ性食品

梅干健康法③

 

参考文献:梅干し健康法 三橋一夫

 

梅干は血液をアルカリ性にし、エネルギーを増進させます。梅干のすっぱさはクエン酸ですが、クエン酸は人体がカルシウムを取り入れ吸収する力を強める働きがあるのです。

 

カルシウムを特に必要とする妊婦がすっぱいものを好むのも実は意味があったのです。

 

クエン酸は血液をアルカリ性に傾けるのと同時に体力、活力を増進し、ビタミンを生産し血の濁りを消すから高血圧症、動脈硬化症、卆中、神経痛、リュウマチ等の老人病を予防します。

 

まとめると

  • 植物性の酸(クエン酸)は胃液の分泌を促進させる
  • 肝臓の働きを旺盛にする 
  • 新陳代謝をさかんにする

 

の三つになるのです。

 

だから激しいスポーツ、労働、神経の使いすぎなどで全身が疲労したときには梅干、レモン、夏みかん等の植物性のすっぱいものを補給すれば疲労は回復するでしょう。

 

ただし無農薬、無化肥のものでなかったら農薬は極陰の酸性のものが多いので、効果はあまり期待できないでしょう。

 

 

梅干健康法④  

   

 

長谷川卯三郎(新医学禅)より

 

梅干のすっぱさは植物性の酸(クエン酸)といいます。

 

米・麦・パン等の澱粉質は体内で消化されるとブドウ糖になり、そのブドウ糖がエネルギーとなりますが、ブドウ糖がエネルギーに変化するときにクエン酸が加わると化学変化が生じて十倍以上もの活動力が生まれるのです。

 

また米・麦・パン等の澱粉は人体内に入ると乳酸を作り出します。

 

乳酸は人体が老化すると沢山できすぎるようになります。乳酸とは疲労素のことです。

 

この乳酸がたくさん出来すぎると体内の蛋白質(肉・豆類)と結合して乳酸タンパクとなって固まります。

 

これがたまると細胞を老化させ、血管を硬化させます。

 

ところが、梅干などのすっぱさが加わると人体の老化が原因で沢山出来すぎるという乳酸の多くなりすぎるのを抑制してしまします。つまり、体内の働きが若返るということになります。

 

血液中に乳酸(疲労素)が多くなるということは、東洋医学的に言えば「瘀血」(血が濁る)と言います。

 

クエン酸を体内に取り入れることで、疲労回復、消化に効果があり胃腸の働きが活発になるので便秘がちの人や、肩こり関節のだるさ等によく効くのです。

 

 

梅酢の効力

 

梅を漬けたとき出る汁が梅酢ですが、これがまた梅干に劣らぬくらい薬効が高く、普段お料理にお使いになることをお勧めします。

 

  • 呼吸器の病気では、風邪をひいたときに就寝前に盃一杯くらいにハチミツを入れ、熱湯をそそいで飲み寝ると発汗して治る。
  • 肺炎、気管支炎、喘息の発作等には、レンコン(毛が生えている節のところがより有効)を下してしぼった汁をコップに半分、これに梅酢、ハチミツを飲みやすい量を入れ、熱湯を注いで飲むと著効がある。
  • 下痢、腹痛には大人で盃2、3杯の梅酢を湯呑に入れ、7分目まで熱湯を注いで飲む。

 

梅肉エキスは、胃ケイレン、食中毒、乗物酔、酒の二日酔、日射病、暑さあたり、気絶、脳貧血、丹毒、盲腸炎など、急を要する場合に即効があるし、万一、病気をまちがえて飲ませても無害で有効である。

 

しかし、梅肉エキスの特徴は、細菌性の病気に偉効を示すことである。

 

飲んで、毒下しになり、塗って、難治の水虫を治す。

 

ただし、水虫は初期の軽症のときなら、そのまま塗ると2,3日で治るが、重症でくずれるようなら金ダライに入浴時ほどの温度の湯を入れ、はじめは薄く梅肉エキスをといて、毎晩、就寝前に10~20分くらい患部を浸すようにして、毎日少しずつ(梅肉エキスの量を)増量するようにしなければならない。

 

痛みがなければふやすのである。

 

毒虫、蜂、蟻などに刺されて無惨に腫れあがったような時でも、梅肉エキスを2,3回つけると全治する。インキン、タムシなども、水虫のときのように徐々に濃くしてゆくとよい。

 

しかし、何といっても梅肉エキスの尊さは、生命にかかわるような病気を治してくれることである。

 

 

平成10年3月発行

 

寒川 殖夫・賀代

 

関連ページ

老いも若きも1号|健康的な食生活
健康的な食生活は身体が健康になり気持ちも朗らかになります。毎日元気で働けるのも健康的な食生活のおかげです。健康的な食生活で病弱を克服した体験談を紹介しています。
老いも若きも2号|昔ながらの梅干し
龍神村の山奥で自然食品店をやっていた私が昔ながらの梅干し作りを始めたきっかけは郡司篤孝先生との出会いからでした。
老いも若きも3号|梅肉エキスの作り方
一切まぜ物なしの無農薬の梅肉エキスの作り方を紹介しています。炊き始めると3日間位炊き続けで作る手間暇かけた梅肉エキスです。
老いも若きも4号|田んぼの合鴨農法
合鴨は私の後をよちよちあるくので近所の評判になり、新聞、雑誌、はてはテレビ局まで取材にみえました。田んぼの合鴨農法の体験談を紹介しています。
老いも若きも5号|安全な農業を目指して
安全な食生活こそ人の運命を司っていると断言することが出来ます。安全な農業を通じて、安心できる食生活を目指しています。
老いも若きも6号|龍神村と辰巳芳子先生
龍神梅の製品は無農薬・有機栽培が辰巳芳子先生の目にとまり先般出版され好評の「辰巳芳子が薦めるぜひ取り寄せたい確かな味」に載せて頂きました。
老いも若きも7号|南北相法とは
私の南北相法の極意をしょうかいしています。
老いも若いも8号|林業の枝打ち
山を守り林業を続けていくのに大切な枝打ちについて紹介しています。大切に育ててきた山を譲り受けているのですから先祖の思いをこちらも守り続けていく義務があるのです。
老いも若きも9号|猿の被害と対策
山の食べ物がなくなってきた影響で動物達が畑まで食べ物を探しにきます。猿の被害対策を紹介しています。
老いも若きも10号|梅の美容効果
梅干しの美容効果はもちろんその他さまざまな梅干しパワーを紹介しています。クエン酸は若返りを助けてくれます!
老いも若きも11号|日本の伝統食
日本の伝統食を食べて健康な生活を送っています。その土地で出来たその季節のものを食べ続けることにより根気思いやり愛情といったものが育っていくように思います。
老いも若きも12号|人間の免疫力
毎日の食事の大切さと昔から薬替わりとされてきた梅干しの病気の予防効果について紹介しています。人間の免疫力をあげることで病気にならない体つくりにつながります。
老いも若きも13号|農業の土作り
山の土を畑の土のように肥やすのに、十五年かかりました。長年かけて作りあげた土が梅の成長につながり梅農業は豊作でした。
老いも若きも14号|農業と雑草
農業と雑草は切っても切れない関係にあります。無農薬であればなおさらです。しかし雑草は悪いものではありません。雑草への感謝のエピソードを紹介しています。
老いも若きも15号|食生活と病気
食生活を中心に生活を正せば病気を治すのは簡単なことかもしれないと思いました。食生活と病気のエピソードを紹介しています。
老いも若きも16号|無農薬の農家さん
無農薬の農家さんは無農薬の梅をお客様に食べ続けていただくためにかかせない大切なパートナーです。無農薬栽培をしている農家さんの苦労話を紹介しています。
老いも若きも17号
日本一安全で健康な梅干し作りの名人がい龍神村の寒川殖夫、賀代さんのことを紹介しています。
老いも若きも18号|無農薬梅の販売活動
鞄の中に梅干しの見本をいれて東京駅を降り立った時「なぜこんなに苦労しなくてはならなくなったのか」と思い涙が頬をつたいました。無農薬梅の販売の苦労話を紹介しています。
老いも若きも20号|梅の不作
今年の梅の作柄は不作でした。今年のように例年の半分以下というのは当センター始まって以来のことです。不作の時の苦労話を紹介しています。
老いも若きも21号|野菜の台風被害
今年は二度目の台風で私の大切な野菜たちも被害を被りました。大根、白菜、ほうれん草、等々、まき直しを二度もしました。台風被害の苦労話を紹介しています。
老いも若きも22号|梅干しのカビの原因
低塩へのこだわりから梅干しにカビをはやして捨てたことがあります。梅干しのカビの対策を経験談を交えて紹介しています。